昨今、業界業種問わず適切な情報管理が求められているうえ、働き方も以前と大きく変わったことにより、情報の扱いもさらに慎重になる必要があります。最近の流行では「情報共有ツール」を活用して業務効率化を実現する企業が増加傾向にあります。
 
そのなかのひとつとしてKibela(キベラ)という情報共有ツールがあります。同ツールの導入を検討しているものの使い方や口コミ・評判に懸念がある方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、Kibelaの使い方や口コミ・評判、料金まで幅広くご紹介していきます。
 
  • Kibelaの導入を検討しているが、導入後のイメージがわかない
  • インターネット検索でKibelaを見かけたが、実際どんなツールかわからないので懸念
  • 自社の情報を共有に関わる課題をシンプルに解決したい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、Kibelaを自社に導入した際のイメージが把握できるのはもちろん、自社にマッチしているかどうかの判断もできます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Kibela(キベラ)とは

DocBaseのドキュメント作成画像

 
Kibelaは株式会社ビットジャーニーが展開する「自律的なチームになるツール」というキャッチコピーの情報共有ツールです。現在では業界業種問わず23,000社以上のさまざまな企業が導入しています。
 
社内外問わず発生した情報を蓄積できるので、「特定の社員しか情報を持っていない」という属人化した情報を解消できるような機能が備わっています。
 
元々クックパッド内で使われていた社内の情報共有ツール「Groupad」からの影響を受けており、社内同士で気軽に情報共有ができるBlogなどの機能が豊富です。
 
マルチデバイス対応ではあるもののスマホやタブレットに対応したアプリはないので、ブラウザからの利用になる点に注意です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Kibela(キベラ)の使い方

Kibelaの主な使い方は以下が挙げられます。自社で抱える課題にアプローチできるかどうかを事前に確認しておきましょう。

社内の情報蓄積

DocBaseのドキュメント作成画像

Kibelaに備わっている「ブログ機能」や「Wiki機能」を使って蓄積したい情報を記載できます。両者の違いは投稿者以外が編集できるか否かとなっています。また、Kibelaはマークダウン記法に対応しており、慣れている人であれば整理されたレイアウトで文書作成ができます。
 
リアルタイムで反映されるプレビューを見ながら記事執筆ができるので、マークダウン記法を用いている場合はミスがあった場合でもすぐに気づける仕組みとなっています。
 
また、記事制作にはテンプレート機能も備わっており、日報や議事録など定期的に作成する書類を毎回最初から作り直す必要がありません。

情報の構造化管理

Kibelaの管理画面

情報の活用のために蓄積されるので、活用しやすいように管理しておく必要があります。
 
必要な情報が欲しいときにすぐ探せるための検索機能、4段階の権限設定や5階層のフォルダ階層化など、Kibela内でアクセスコントロールができるような設計となっています。
 
ほかにも、共有した情報についてコミュニケーションをとりたいときに使える「コメント機能」、すでに利用している外部ツールとAPIやWebhookを活用して情報の一元管理ができる仕組みなども備わっているので、リテラシーに合わせた情報共有ができます。

データのエクスポート・インポート

Kibelaには外部のデータをインポートできる機能も備わっているので、情報はすべてKibelaへ集約するというルール化さえしておけば情報資産管理にも貢献します。
 
また、2019年にはQiita:Teamやesaなどの外部ツールへのデータ移行ができるようになっているので、Kibelaを利用していないチームへの情報共有もできます。
 
データの移行ができると、複数のツールで情報を管理することになるので、バックアップができる反面どのファイルが最新かわからなくなってしまう状態も発生しやすくなる点に注意です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Kibela(キベラ)の評判

以下では、Kibelaを実際に利用しているユーザーの口コミ・評判をご紹介します。導入前には第三者の意見も参考にしましょう。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判はITreviewより引用しております。

Kibela(キベラ)の良い口コミ・評判

まずはKibelaの良い口コミ・評判です。とくにマークダウン記法に関する内容が多く見受けられました。
 
非公開ユーザー、投稿日:2020年03月27日
webサイトの制作業務を行うチームで、プロジェクト管理ツールとして使用しています。webサイト制作で使い慣れているマークダウンでの記述になるため、使いやすく、テンプレートを作っておくと、次のプロジェクトでも流用できるので、かなり便利です。
非公開ユーザー投稿日:2020年03月25日、投稿日:2020年03月25日
MarkDown形式でドキュメントを書き残すことが出来るのが一番のポイントですが、記事を選んで外部共有(一般公開)することができるのも良いです。
編集画面も左側にエディター、右側にライブプレビューとなっており、書きながら出力結果が分かるので便利です。
非公開ユーザー、投稿日:2019年10月17日
無料で使える範囲だけでも、殆どの機能がつかえるので、お試しで使いやすい。マークダウン記法でWikiのように情報を集約でき、外部共有もできるので、社外の人との情報共有もできて便利
中本 達也、投稿日:2019年04月12日
マークダウン形式で記述でき、わかりやすく文書を作成することができる点。メンバーを招待すれば打ち合わせの議事録などもオンラインで共有することができる点。
非公開ユーザー、投稿日:2019年03月12日
チームで共有したい内容や議事録を残す際に使用している。
以前はGoogle Driveに集約していたが、フォルダが管理しづらかった。
Googleドキュメントに比べてKibelaの方がMarkdownを使って見やすい文章を作成できる。

Kibela(キベラ)への改善に関する口コミ・評判

Kibelaの改善に関する口コミ・評判は、トップページやフォルダの内容、マークダウン記法に不慣れな人への改善案が見受けられました。
 
Kawahara Tatsuya、投稿日:2019年05月27日
探すときにタイムラインと検索とフォルダとごとに分かれていて、後から探すときにはフォルダが便利だが、デフォルトがタイムラインなので不便を感じる。
検索も単語とかが曖昧にしか覚えてないので結局フォルダから検索しているので、デフォルトでフォルダの全体像が見えるようになってほしい。
非公開ユーザー、投稿日:2019年04月21日
フォルダ構造を用意していて、これで情報の整理をしやすくしているのだと思いますが、意外とこの機能が使い勝手が良くないので改善してほしいなと思っています。
非公開ユーザー、投稿日:2019年02月28日
プロジェクトのトップページがごちゃごちゃしてわかりづらくなりやすい。ここをわかりやすくしたり、かわいくしたりするともっと一般社員に使ってもらえると思う。
よくある左右スプリット型のMarkdownプレビュー機能を搭載しているが、1ペインでWYSIWYG的な簡易装飾ボタンをつけたモードがあってもいいと思う。やはりふつうの人はMarkdown記法ですらわずらわしい。
非公開ユーザー、投稿日:2020年08月29日
スマホに完全対応したアプリを開発していただけるともっと情報共有が便利になるかと思います。
非公開ユーザー、投稿日:2020年08月21日
Markdownをうまく使えない人に向けてGUI上でMarkdownを付けれる機能は必須だと思います。(BlodやItalicをGUI上で設定する)


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Kibela(キベラ)の料金プラン比較表

以下ではKibelaの料金体系について解説します。
 
コミュニティプラン スタンダードプラン エンタープライズプラン
1ユーザーあたりの利用料金(税込)
無料
550円/月
1,650/月
利用ユーザー数
5名まで
中小企業規模(6名〜)
大企業規模(6名〜)
グループ作成
4つまで
無制限
無制限
ストレージ容量
1GB/人
5GB/人
20GB/人
機能アップデート
なし
あり
あり
G Suite OAuth2認証/多要素認証
IPアドレス制限
×
×
SAML2.0認証シングルサインオン
×
×
IPアドレス制限
×
×
カスタマーサポート
×
いいね機能
×
リッチテキストエディター
×
リアルタイム編集
×


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Kibela(キベラ)よりもシンプルに使えるツール

以下ではKibelaよりもさらにシンプルに使える情報共有ツールをご紹介していきます。
 
Kibelaでは社内外で発生した情報をブログやWikiで管理し、さまざまな資料の蓄積ができる情報共有ツールです。そしてその情報管理にはマークダウン記法を用いたり、階層の深いフォルダで効率良く蓄積できたりします。
 
一方、今日のトレンドから業務効率化を目的にITツールを検討している担当者は、「導入後の運用」について「使いやすさ」を一番考慮する必要があります。複雑で浸透しにくいようなツールを選んでしまうと社内の強烈な抵抗感により、定着せずコストだけが掛かってしまうのです。
 
そのため、社内リテラシーに自信がない、非IT企業で初めてツールの導入を行う場合は「65歳以上のひとでも説明不要で使える」ほどシンプルな「Stock」という情報共有ツール一択です。
 
Stockは「ノート」「メッセージ」「タスク」の3つの過不足がない機能で、業界業種問わずさまざまな分野で発生する「情報共有のストレス」を即日で解消します。

チームの情報を最も簡単に残せるツール:Stock

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から14日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Kibela(キベラ)の使い方や口コミ・評判まとめ

ここまで、Kibelaの使い方や機能、口コミ・評判や料金プランの比較表まで網羅的にご紹介しました。
 
Kibelaはさまざまなシーンでの情報共有を効率的に管理するため、情報の「蓄積」と「活用」におけるさまざまな機能で企業の営業活動をサポートします。一方、Kibelaに限らずマークダウンに社内が慣れていない場合は、「キーボード入力ができれば問題ない」という簡単なツールを選択すると、余計な教育コストがかかりません。
 
ご紹介したStockは「ノート」に記載した情報を「フォルダ」で管理し「メッセージ」でリアルタイムで共有できるクラウドツールです。その簡単さが評価され、現在非IT企業を含む80,000社以上の企業が業務効率化に成功しています。
 
利用は無料からでき登録も1分で完了するので、ぜひ「Stock」で営業活動で発生した情報を適切に管理し、「全社」で情報共有の効率化を実現しましょう。