起業や独立、副業を始めたいと考えている方にとって、情報収集を行うというのは必要不可欠な行為です。
 
ネットや書籍から情報を集め、ノウハウを自分の中に蓄積していく作業は重要なことですが、その情報を足掛かりに行動に移せなければ、一向にビジネスとして成り立たず、お金を生み出すことはできません。
 
そんな状態の人々は、「ノウハウコレクター」と定義されています。今回は、ノウハウコレクターの失敗例やノウハウコレクターを抜け出す方法、そしてノウハウ蓄積におすすめのツールをご紹介しますので、
 
  • 独立や副業を視野に入れて、情報収集に励んでいるが、なかなか行動に移せない
  • ノウハウをなんとかビジネスに転換したい
  • 蓄積したノウハウを可視化してまとめたい
といったお悩みを持っている方々は、ぜひこの記事をご覧いただき、ご自身の新たな挑戦を成功に繋げるためのヒントとしてお役立てください。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

ノウハウコレクターとは

そもそもノウハウコレクターという言葉を初めて聞いたという方もいらっしゃると思いますので、最初に「ノウハウコレクター」の意味とどのような人々を指すのかについて解説していきます。
 

ノウハウコレクターの意味

「ノウハウコレクター」とは、独立して新しい事業や副業を始めるためにノウハウをたくさん得ているものの収益を上げられていない人のことを指します。
 
一般的なノウハウコレクターの人々は、ネット上の情報商材や書籍を通して多くの知識を持っているものの、思うような収益をあげることができない状態で、情報を得ることで満足してしまうというケースが多いです。
 
要するに、情報をたくさん持っているにも関わらず、それを元に実践しないが故に収益を上げることができず、また情報を買ってしまうというような行動を繰り返していることが大きな特徴です。
 
ネット上には毎日のように新しい情報商材が生まれるので、最新の情報商材をいくら買ったとしても、またその直後に新しい情報に目移りしてしまう方がとても多いです。
 
そしていつしか、ノウハウを買うことに満足してしまい、実際のビジネスに移行することなく終わってしまうという人々も存在します。
 
そんな「ノウハウコレクター」になりやすいのはどのような人々なのか以下で解説していきます。
 

ノウハウコレクターになりやすい人の特徴

「自分はノウハウコレクターにならないだろう」と思っていても気づかないうちになってしまうという人々も一定数存在します。
 
加えて、そもそもノウハウコレクターという現象を知らずになってしまうという人も多いと思うので、ここでは、ノウハウコレクターになる人たちにはどのような特徴があるのかをご紹介していきます。
 
もし少しでもご自身に当てはまるものがあったら、気づかないうちにノウハウコレクターになっていないか思い返してみてください。

情報を集めないと不安

「いつか役に立つだろう」「持っておけば安心」等の理由で、特に優先度の高くない情報に関してもその場の判断で手を出してしまうことはありませんか?
 
そうして集めた情報に結局目を通すこともなく、使わずに眠らせてしまうこともノウハウコレクターの大きな特徴です。情報を購入すること自体が目的となってしまい、結局インプットすることを後回しにしてしまいます。
 
もし、使われずに眠っている情報商材や、購入後に読んでいない本が3つ以上あればノウハウコレクターと言っていいでしょう。

情報をお金で買うことが当たり前だと思っている

現代では、有料の情報を購入せずとも、検索エンジンや無料動画サイトで検索すれば無数の情報を得ることができます。
基本的には、ビジネスを始める上で土台となる情報は無料で収集できるもので十分事足ります。
 
しかし、そういった情報を細かく調べるよりも、お金を払ってまとまった情報を得た方が安心するという傾向がある方は要注意です。
 
ほとんどの場合、情報を複数集めたところで、その内容のうち、かなりの箇所が被っているということが起こります。
情報の購入癖がある方は、「情報収集にかけるコストは最低限にする」ということを意識しておきましょう。

ノウハウの実践を後回しにしてしまう

「情報収集にはお金をかけず、無駄なく行うことができているから大丈夫」と考えている方でもノウハウコレクターである可能性は十分にあります。
 
ノウハウの収集をすることはできても、結局、それを生かして行動に繋げることができていなければ立派なノウハウコレクターなのです。
 
情報量は多ければ多いほど良いと信じ込み、行動し始めるタイミングを先延ばしにしている方もこのパターンに当てはまります。いくら情報を溜め込んでいても、実践してみなければ結果は出ませんし、次のステップにも移行できません。
 
下準備として、「必要なもの」や「始める際の基礎知識」を確認したらまずは行動に移してみることをおすすめします。

常に受け身の姿勢

常に取得した情報を鵜呑みにしてしまい、その情報に対して疑問を抱かないような性格の方々を指します。
 
与えられた情報が全て正しいと考えてしまうような人は、自分から何か行動を起こす際も、自分の判断では決断ができず、誰かに助けてもらわなければいけない場合が多いです。
 
情報は与えられるものではなく、自分から取りに行くものです。自分の努力で収集できる最大限の情報を最低限のコストで収集することをイメージしましょう。
 
万全の体勢を整えてから行動に移そうと思い、なかなか動き出せない人々が多いですが、「やりながら考える」というくらいの姿勢でまずは行動を起こす方が成功にはぐっと近づきます。
 
受け身の姿勢ではなく、主体性を持って行動することを心がけましょう。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

ノウハウコレクターの失敗例

ノウハウコレクターになってしまうと一体どんなことが起きてしまうのでしょうか。
 
そもそも自分でビジネスを起こしたくて情報収集を始めたはずが、情報にかけるお金が大きく膨らんでしまい、事業を始めるための元手がなくなってしまうなどというケースにもなりかねません。
 
事業を起こすなら「安全かつ確実に収益を上げたい」と考えるのは仕方がないことですが、結局、行動せずに終わってしまっては意味がありません。
 
ここでご紹介する、ノウハウコレクターの失敗例を確認していただき、同じ事態に陥らないように、ご自身のビジネスでお役立てください。

初めの一歩を踏み出さない

ノウハウコレクターの失敗のほとんどのケースがこれです。
 
ノウハウコレクターの特徴として、「100の情報を蓄えて万全の体勢を整えてから動きだそう」と考えている人が多いですが、実際に成功している人のほとんどは「1つ情報を得たら1つ行動する」というやり方を取る人の方が圧倒的に多いです。
 
情報を蓄積することでリスクに備えることができるというメリットはあるかもしれませんが、そもそも行動しなければリスクも成功もありません。
 
夢を語り、情報を仕入れるのは誰でもできますが、そこから実際に行動を起こす人はほとんど絞られてしまいます。
それ故に「ノウハウコレクター」という言葉が生まれ、そう言った人々が後を絶たないのです。

色々なビジネスに目移りしてしまう

とにかく「お金を稼ぎたい」という目的のもと、色々な手段を模索してしまうと、特定の分野のみならず、幅広い情報を取得しようとしてしまうため、より行動に移すまでの時間が長くなってしまいます。
 
幅広く情報を仕入れたとしても、結果的に使うのはその1つのビジネスに関するものだけです。立ち上げるビジネス選びに時間をかけすぎるのは非常に非効率なので、「まずは行動してみて、ダメだったら変える」と割り切って考えるようにしましょう。
 

初めからコストをかけすぎる

初めから「大きくビジネスを成功させたい」と考えることも失敗につながる危険性が非常に高いです。
 
何をやるにしても最初は結果が出ないことがほとんどです。そのため最初から莫大なコストをかけて一気にビジネスを成功させようとするのは大きなリスクを伴います。
 
また、大きな成功を目指すが故にいつまでもリスクに怯えて行動に移せないという方も多いです。最初からコストをかけるのではなく、デメリットがほとんどない程度のローリスクで始めることができれば行動に移しやすくなります。
 
まずは小さな規模から、気長に続けてみることを心がけましょう。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

ノウハウコレクターを抜け出すには

さて、ノウハウコレクターの特徴や失敗例をご紹介してきましたが、もちろんノウハウコレクターを脱出する方法もあります。
 
簡単に「行動すること」と言ってしまえばそれまでですが、それ以外にもビジネスを起こす上で注意すべき点は存在します。
 
ここでは、ノウハウコレクターを脱出する方法と、行動する際に気をつけるべきポイントを両方まとめて解説していきますので、情報蓄積をやめて行動に移す前に一度ご確認ください。

期間を決めて実践する

ここまでも繰り返し、「行動すること」が大切であることをお伝えしてきましたが、闇雲に行動すれば良いのかと言えばそうではありません。
 
どんなビジネスにおいても、結果が出るまでにはある程度の時間と労力がかかります。つまりは「継続性」が非常に大切で、結果が出ずとも我慢して継続することがとても重要です。
 
その継続性をまずは定着させるために、一度期間を決めて実行することをおすすめします。
 
「1ヶ月間は結果に関わらず行動に移してみる」と最初に決め、その期間は何があっても取り組むようにしましょう。この際、1日に膨大なタスクを設定してしまうと、継続を阻害する要因になります。そのため、1日1時間程度でも構わないので継続的に行動できる範囲で計画を立てましょう。
 

リスクを最小限にする

初めからリスクをとって大きな成果を得ようとすることも、行動を起こせなくなる1つの要因です。
 
ビジネスを始める際に、最初から完璧を目指そうとすると余計に手が動かなくなります。完璧を目指すが故に、最初から大きなリターンを望むことは辞めましょう。
 
最低限のビジネスモデルの知識を得たら、できる限り初期費用を抑え、小さい規模で始めることを強くおすすめします。具体的には、最初から有料のツールを使用したり、在庫を大量に抱えることなどはせず、最低限のコストで行える手段を選びましょう。
 

行動と分析を繰り返す

1つ行動を起こすことができたら、しっかりと振り返り、分析をしましょう。
 
「自分が取った行動が人々にどのような影響を与えたか」「理想に近づくために間違った行動ではなかったか」など、数値的な面や施策の打ち方などを振り返り、分析することで、次からの行動に繋げていくようにしましょう。
 
最初から振り返りと分析を習慣づけておくと、ビジネスを拡大していく際に、これまでの数値を元に次のアクションを決めやすくなります。
 
最初は時間がかかる作業かもしれませんが、週に1度でも振り返りを行うように習慣づけておくと、後々安定的にビジネスを継続させることに繋がります。
 

今までに蓄積したノウハウを可視化する

ノウハウコレクターの中には、さまざまな情報を自分の中に多く蓄積しているけれど、その活用法がわからないという方も多いです。そのような際に自分の頭の中の情報を、ツールを活用して1度可視化させると、最初に何をすべきかが見えてきます。
 
自分が持っているノウハウを洗いざらい書き出したら、次にタスクの優先順位を決めましょう。まずは期間を設け、その中での目標を定めることで、逆算的に具体性の高いタスクを設定することができます。
 
普通のメモやカレンダーなどを活用しても良いですが、何かしら専用のツールを活用すると、より効率的に計画を立てやすくなります。
 
特にツールを選ぶ際に重要視すべきポイントは、
  • 期限を決めてタスクを設定することができる
  • ノートやファイルを活用してカテゴリごとにノウハウをまとめられる
  • 操作が簡単で使用するのが苦にならない
以上のようなポイントを押さえたツールを活用するとストレスなく、ノウハウの書き出しやタスク整理、プランニングまで行うことができます。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

ノウハウを可視化しまとめるなら

ノウハウを可視化し、まとめる際にツールを活用することで、より効率的に計画を立てることができるようになります。
 
ツールを選ぶ際に、多機能すぎて料金が高いものや、操作性が複雑で使いづらいものは避けてください。ノウハウを書き出し、タスクを設定して計画を立てるために利用するツールが使いづらくては、ツールを使用すること自体に抵抗を感じてしまい、結局行動を起こさずに終わってしまいます。
 
その他にも、「カテゴリごとに見やすくノウハウをまとめられる」ことや「期限を定めてタスク設定が行える」こともツールを選別するために必要な要素です。つまり、「使いやすさ」と「業務管理が問題なく行える」ことが重要です。
 
結論、「操作性」、「ノウハウ管理」、「タスク設定」、「低コスト」の4要素を網羅したツールは、誰でも簡単にノウハウを管理でき、導入した初日から誰でも使いこなすことができる「Stock」一択と言えるでしょう。
 
Stockは非IT企業を含む導入実績が70,000社を超える、今注目のツールであり、業界・業種問わず定評があります。

Stock

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、蓄積したノウハウを最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、ノウハウやアイデアなどのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくなくても使いこなせるツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「ノウハウ管理」と「タスク管理」ができる
    蓄積してきたノウハウの「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用できます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になるほか、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用できます。

ノウハウコレクターの脱出法まとめ

ここまで、ノウハウコレクターの特徴や失敗例、ノウハウコレクターを抜け出す方法をご紹介してきました。
 
特に、この記事では繰り返し「行動すること」の重要性を解説してきました。そして、自分の中に蓄積されているノウハウを活用して行動するためには、まずツールを活用して頭の中のノウハウを実際に書き出し、可視化することが重要です。
 
ノウハウをまとめるツールを選ぶ際に押さえるべきポイントとしては以下の内容をご紹介しました。
  • 期限を決めてタスクを設定することができる
  • ノートやファイルを活用してカテゴリごとにノウハウをまとめられる
  • 操作が簡単で使用するのが苦にならない
今回ご紹介した「Stock」は、非IT企業からの評判が非常に良好なツールです。上記の選定ポイントをすべて満たすうえ、一度投稿した情報が流れにくく、情報整理やタスク設定も簡単に行えるため、ノウハウをまとめ、実際のビジネスに活用するにあたってあらゆる目的を一挙に達成できるツールでもあります。
 
Stockの利用は無料からでき、登録も1分で完了するので、ぜひ導入してノウハウコレクターを脱出しましょう。