社内に業務連絡をする方法のひとつに「掲示板」があります。掲示板にはアナログとデジタルの2種類がありますが、テレワークなどの新たな働き方に対応するため、オンライン上の「掲示板サービス」を活用する企業が増えています。
 
一方、「アナログからデジタルに移行したいが、どのサービスを使うべきか分からない」「コストを抑えたいが、高性能で高コストなサービスが多く困る」と悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、無料の掲示板サービス5選を中心にご紹介します。
 
  • アナログだと見落としが多いので、オンラインの掲示板サービスを導入したい
  • 高い性能は求めていないので、低コストで使えるサービスが良い
  • 掲示板サービスの種類が多すぎて、何を導入すれば良いのか分からない
という担当者の方はこの記事を参考にすると、低コストで運用可能な掲示板サービスが見つかり、社内の情報共有を効率化できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

掲示板としても使えるおすすめの無料サービス5選

以下では、掲示板としても使えるおすすめの無料サービス5選ご紹介します。
 
無料サービスを選ぶ際は、機能の多さで比較するのではなく「必要な機能が揃っているか」を確認するのが重要です。多機能なサービスは操作を覚えるのが難しく、結局教育コストがかかってしまう可能性があるのです。
 
したがって、掲示板をつくる「ノート」と、掲示版に紐づけて質問・コメントできる「メッセージ」という機能に過不足がないシンプルなサービスを選びましょう。また、不要な教育コストを書けないためには、誰もが使いこなせるツールであることが重要です。
 
結論、自社に最適な掲示板サービスは、掲示板に必要な機能に過不足がなく、非IT企業の社員でもすぐに使いこなせる「Stock」一択です。
 
Stockは「ノート」に記載した掲示をフォルダに分けて分かりやすく管理できます。また、メンバー数無制限のフリープランがあるので「有料プランの前に使い心地を試したい」というチームに最適です。

【Stock】掲示情報を流さず蓄積できるサービス

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【GRIDY】豊富な機能を搭載したサービス

GRIDYのトップ画像

<GRIDYの特徴>

  • グループを作成できる
  • 部署やグループを作成し、関連する社内外メンバーを招待できます。グループ内の掲示板機能を使った報告や業務連絡が可能です。
     
  • プロジェクト管理ができる
  • プロジェクトごとにタスクや進捗を登録できるので、期限内にプロジェクトを完遂するのに役立ちます。

<GRIDYの注意点>

  • サポートを受けられない
  • 電話、Eメール、問い合わせフォームからの問い合わせに対応していないため、不備があった時にすぐに解決できない可能性があります。

<GRIDYの料金体系>

  • 無料で利用できます。

【Microsoft Teams】Microsoft社が提供するサービス

Microsoft Teamsのトップ画像

<Microsoft Teamsの特徴>

  • チームごとに掲示板アプリを利用できる
  • Microsoft Teams内で作成したチームごとに「掲示板アプリ」を追加できます。
     
  • 掲示内容を詳細に設定できる
  • 以下の画像のように、カテゴリやタイトル、URLなどの詳細情報を記載した掲示板を作成できます。
    Microsoft Teamsの掲示板アプリのイメージ

<Microsoft Teamsの注意点>

  • ITに不慣れだと使いづらい
  • 詳細な掲示板を作成できる分、操作が複雑なのでITに不慣れな人にとっては難しいサービスです。

<Microsoft Teams(一般法人向け)の料金体系>

  • Microsoft Teams (無料):0円
  • Microsoft Teams Essentials:430円/ユーザー/月
  • Microsoft 365 Business Basic:650円/ユーザー/月
  • Microsoft 365 Business Standard:1,360円/ユーザー/月

【iQube】業務のディスカッションを促進するサービス

iQubeのトップ画像

<iQubeの特徴>

  • 掲示板でのディスカッションを促進
  • コメント機能やファイル添付機能が搭載されており、掲示板上のディスカッションを促進します。
     
  • 過去のディスカッションを探せる
  • 掲示板へのタグ付け機能や検索機能によって、過去の掲示を探しやすい仕様になっています。

<iQubeの注意点>

  • 無料プランには制限がある
  • 無料のエントリープランについて、人数は10ID、ストレージは全体で30MB、問い合わせはメールのみ(電話は未対応)という制限があるので注意が必要です。

<iQubeの料金体系>

  • エントリープラン:0円(申込日の翌々月末まで利用可)
  • テレワークプラン:330円/ユーザー/月(月間払い)
  • スタンダードプラン:440円/ユーザー/月(月間払い)
  • プレミアムプラン:770円/ユーザー/月(月間払い)

【Chatwork】チャットを掲示板のように利用できるサービス

Chatworkのトップ画像

<Chatworkの特徴>

  • 会話形式で気軽に送信できる
  • 会話形式のサービスなので、タイトルやサブタイトルを記入せずとも気軽に情報を発信できるのが特徴です。
     
  • モバイルアプリがある
  • iOS、Androidに対応したモバイルアプリがリリースされているため、外出先や移動中でも掲示板を確認できます。

<Chatworkの注意点>

  • フリープランは閲覧数に制限がある
  • フリープランで閲覧できるメッセージ数が「直近40日以内に投稿された最新5,000件まで」に制限されるので注意が必要です。

<Chatworkの料金体系>

  • フリー:0円
  • ビジネス:600円/ユーザー/月(月間払い)
  • エンタープライズ:960円/ユーザー/月(月間払い)


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内掲示板のメリット

以下では、掲示板サービスのメリットを3つご紹介します。アナログからデジタルへの移行が社内にもたらす具体的な効果を解説しているので、担当者の方は必見です。

業務を効率化できる

掲示板サービスによる情報共有は、無駄な時間を削減して業務効率化を実現します。
 
掲示板サービスを使えば、掲示内容への質問・回答をスレッドに残せるので、同じ内容の質問に答える必要がありません。一方、アナログの掲示板や掲示機能しかないサービスの場合、何度も同じ問い合わせに回答する手間がかかり、本来の業務に支障が出ます。
 
以上のように、アナログの掲示板で発生していた”個別の問い合わせ対応”にかかる時間が大幅に削減されるので、掲示板サービスは業務効率化につながるのです。

社内情報が蓄積される

掲示板サービスを使えば、社内情報をサービス内に蓄積できます。
 
アナログ掲示板は期限やスペースの都合上、頻繁に掲示物を貼り替える必要があります。そのため、過去の掲示内容を保存するには別のファイルにまとめなければなりません。
 
一方、掲示板サービスはオンライン上に情報を保存するので、過去に掲示した内容すべてをツール上にまとめられるのです。その結果、過去のプロジェクトのノウハウや部署内のやりとりなども手間なく蓄積できます。

情報検索が容易になる

必要な情報を検索できるので情報へのアクセス性が高まります。
 
読みたい掲示板を探せる「検索機能」があるサービスを選べば、アナログの掲示板のように内容を隅から隅まで探す必要がありません。
 
ほかにも、掲示板のジャンル別に「フォルダ」で分類する「Stock」のようなサービスであれば、階層的な情報管理ができ、情報が散乱する心配もありません。
 
関連記事: 【事例あり】社内掲示板とは?メリットや導入のポイントも紹介


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

掲示板におすすめの無料サービスまとめ

これまで、掲示板におすすめの無料サービスを中心にご紹介してきました。
 
無料の掲示板サービスにはさまざまな種類がありますが、選ぶ際は「必要な機能が過不足なくそろっているか」という点に注意が必要です。
 
機能が不足していると別のツールを導入しなければならないのはもちろん、過剰すぎると操作が難しいので、社員への教育コストが発生しかねません。
 
たとえば、今回ご紹介したStockは、掲示板に必要な「ノート」と「メッセージ」の二つが揃ったシンプルで使いやすいツールです。
 
無料登録は1分で完了します。ぜひ「Stock」でアナログな掲示板から脱却し、効率的な情報共有を実現しましょう。
 
関連記事: 【おすすめ】見やすい社内掲示板ツール9選!(無料あり)
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。