全社員に業務連絡やお知らせをするための社内機能のひとつに「社内掲示板」があります。社内掲示板にはアナログとデジタルの2種類がありますが、テレワークなどの新たな働き方に対応するため、オンライン上で情報を管理できる「掲示板サービス」を活用する企業が増えています。
 
一方、社内掲示板をデジタル化し社内の情報共有を円滑に行いたいが、掲示板サービスの種類が多くどのツールを導入すれば良いのか分からないと悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は社内掲示板のデジタル化に最適な掲示板としても使えるおすすめツール5選やメリットをご紹介します。
 
  • 掲示板サービスの種類が多すぎて、何を導入すれば良いのか分からない
  • 自社の用途に合った最適な掲示板サービスを選定したい
  • テレワークの増加による社内の情報共有に課題を感じている
という担当者の方はこの記事を参考にすると、社内掲示板に求められる機能が理解でき、自社の環境にマッチした掲示板サービスが選定できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

掲示板としても使えるおすすめのツール5選

以下では、掲示板としても使えるおすすめのツールを5選ご紹介していきます。
 
掲示板サービスは掲示内容がオンライン上で管理できるので時間や場所、デバイスを問わず情報を確認できます。また、更新された情報は全社員へリアルタイム共有され、情報の行き違いや確認の度に移動する手間がかかりません。
 
一方で、掲示板サービスは社内のあらゆるジャンルの情報が集約するため、掲示内容が混在してしまい必要な情報になかなかたどり着けなくなるケースもあります。全社員が情報を確実に確認するには、機能の多さ以上に「掲示内容を簡単に整理できるサービスであるか」が重要です。
 
そのため、シンプルな操作性で掲示内容を簡単に整理できる「Stock」が最適です。
 
Stockは「ノート」に記載した掲示内容を「フォルダ」で階層的に管理できるので必要な情報がその他の情報で埋もれる事態を防止できます。また、非IT企業を含む100,000社以上で導入され、社内の情報共有の円滑化を実現しています。

【Stock】チームの情報を最も簡単に残せるツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Workplace from Meta】あらゆる形態で情報を掲示できるサービス

Workplace from Metaのトップページ

<Workplace from Metaの特徴>

  • 情報ライブラリで社内掲示板
  • 社内や部署・チームなど任意の単位で、情報ライブラリ上にページを作成し情報を投稿できます。
     
  • ライブ動画配信
  • テキストやファイルのお知らせ以外に、社内向けライブ配信での情報共有が行えます。Q&Aやリアクション、アンケート、コメントなどの機能で配信者とのやりとりも可能です。

<Workplace from Metaの機能>

  • 情報ライブラリ
  • 社内や部署・チームなどに向け作成したコンテンツを掲示板へ投稿できます。また、リンクの共有やファイルの添付も簡単なのであらゆる情報を共有できます。

【おすすめサービス5選】社内の掲示板でコミュニケーションを活性化!

<Workplace from Metaの注意点>

  • コミュニケーション機能が多い
  • 掲示板や情報ライブラリ以外にコミュニケーションの機能が多く、ITツールに不慣れな社員は機能を使いこなせない可能性もあります。
     
  • フィードの使い方が複雑
  • フィードで最新情報の閲覧ができますが、どの情報が重要なのかを判断しにくく情報を見逃しやすいため注意しましょう。

<Workplace from Metaの料金体系>

  • Core: 1ユーザーあたり $4/月
  • Add-on(追加機能)
  • Enhanced Admin and Support: 1ユーザーあたり $2/月
  • Enterprise Live: 1ユーザーあたり $2/月
コアプランでは、情報ライブラリ、ライブ動画、グループなど、Workplaceの基本機能を利用できます。また、強力な動画ストリーミングや高度なサポート機能などの追加もできます。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Microsoft Teams】Microsoft製品で掲示板としても利用できるサービス

Microsoft Teams

<Microsoft Teamsの特徴>

  • 掲示板としても利用できるビジネスサービス
  • チャット、共同作業、会議、音声通話がひとつのサービスで行えます。社内だけでなく部署やチームなどでチャットルームを作成すれば掲示板としての利用も可能です。
     
  • Microsoftのアプリケーションと連携
  • Microsoftのアプリケーションと連携できるので、WordやExcelの資料も簡単に掲示できます。

<Microsoft teamsの機能>

  • 掲示板の編集が可能
  • 掲示板への「表やファイルの掲示」「引用」「文字の色や大きさなどの変更」が可能です。また、重要マークを設定でき該当の掲示情報を目立たせられます。
     

    Microsoft teamsのチャット画面

<Microsoft Teamsの注意点>

  • 機能に制限がある
  • 無料プランで利用できる機能は限られておりMicrosoft365と連動させる必要があります。
     
  • 浸透に時間がかかる
  • チャットの編集機能が多く、使いこなすまで研修や講習など教育コストがかかる可能性が高いです。

<Microsoft Teamsの料金>

  • Microsoft Teams 1ユーザーあたり ¥0/月
  • Microsoft Teams Essentials 1ユーザーあたり ¥430/月
  • Microsoft 365 Business Basic(Microsoft Teams含む)1ユーザーあたり ¥650/月
  • Microsoft 365 Business Standard(Microsoft Teams含む)1ユーザーあたり ¥1,360/月
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【kintone】スペースに情報を集約できるサービス

Kintoneのトップページ

<kintoneの特徴>

  • スペース機能
  • スペース機能でテーマごとに掲示板を作成でき、プロジェクト・タスクなどの進行状況確認や情報の蓄積も行えます。
     
  • アプリ開発やAPI連携が可能
  • APIを使った他システムとの連携や、JavaScriptを使った開発も可能です。

<kintoneの機能>

  • スペース機能
  • テーマごとに掲示板の機能を作成し、Wikiのように情報を蓄積できます。
     

    スペース機能の画面

<kintoneの注意点>

  • 専門的な知識が必要
  • 拡張機能が多く、自社向けカスタマイズには専門的な知識が必要になります。
     
  • 豊富な使い方
  • 豊富なアプリがあるので、社員がそれぞれの機能を使いこなすまで時間がかかります。

<kintoneの料金体系>

  • ライトコース: 1ユーザーあたり ¥780/月
  • スタンダードコース: 1ユーザーあたり ¥1,500/月
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

【Chatwork】全社員チャットで掲示板のように利用できるサービス

Chatwork

<Chatworkの特徴>

  • ビジネスに適した4つの機能
  • チャット、タスク、ファイル管理、ビデオ通話・音声通話と業務効率化に適した4つの機能が備わっています。全社員でチャットを作成すれば掲示板としての利用も可能です。
     
  • 手軽なコミュニケーション
  • スタンプなどの機能でコミュニケーションを簡単にとれるので、掲示内容を確認したかどうかの確認や質問なども手軽です。

<ChatWorkの機能>

  • 社内掲示板用グループ
  • 全社員グループを作成すれば掲示板のように利用できます。掲示内容にリアクションすれば確認したかどうかの把握も簡単です。

     

    ChatWorkの掲示板の使い方

<Chatworkの注意点>

  • チャットの管理ができない
  • チャット形式のため、掲示板の情報が流れてしまい、見返しが難しくなります。
     
  • アカウントの横断が発生する
  • 無料プランではグループチャットが7つまでしか作成できず、無料で使い続けるには新しいアカウントを発行する必要があります。また、アップロードされたファイルは投稿した社員がグループチャットから退室した際に削除されるので注意しましょう。

<Chatworkの料金体系>

  • フリー: 1ユーザーあたり ¥0/月
  • ビジネス: 1ユーザーあたり ¥500/月(年間契約) ¥600/月(月間契約)
  • エンタープライズ: 1ユーザーあたり ¥800/月(年間契約) ¥960/月(月間契約)


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内掲示板のメリット

自社にマッチした社内掲示板サービスを導入すると以下の3つのメリットが得られます。掲示板という小さなセクションから社内のデジタル化を行い、社内全体のIT化へと繋げていきましょう。

業務を効率化できる

社内掲示板による情報共有は、個別の問い合わせに応対する時間を削減し、業務効率化を実現します。
 
掲示板サービスは、他の社員からでた掲示内容に関する質問・回答をスレッドなどに残しておけるので、同じ内容の質問に答える必要がありません。
 
一方、アナログの掲示板や掲示機能だけしかないサービスであると、何度も同じ問い合わせに回答する手間がかかり、取り組むべき業務に集中できなくなるケースもあります。
 
また、全体での共有により情報の抜け漏れや誤解、情報格差も防げるので無駄なやりとりの減少にも繋がりやすい点もポイントのひとつです。

社内情報が蓄積されていく

情報が社内掲示板に保存されれば、蓄積された知識を活用して課題解決ができます。
 
社内掲示板で情報の蓄積を行っていない場合、個人の知識は属人化し課題解決に取り組める人物が限られてしまいます。そのため、知識のある社員が退職や異動した場合には、チーム全体の生産性が大きく低下するリスクもあるのです。
 
一方、社内掲示板は誰でも共有・確認できるので情報の属人化を防ぎ、蓄積された情報が自社の知的財産になります。
 
また、ナレッジやノウハウを蓄積すれば、全社員のスキルの底上げに繋がります。

情報検索が容易になる

必要な情報を検索できるので情報へのアクセス性が高まります。
 
社内掲示板サービスの中には、掲示内容を検索できるものもあるので、アナログの掲示板のように内容を隅から隅まで探す必要がありません。また、目的の情報へ瞬時にアクセスできれば、貴重なリソースを資料探しに割く必要がなく業務に集中して取り組めます。
 
ほかにも、ジャンル別に分類できるタグ機能やフォルダ機能を持つ「Stock」のようなサービスであれば、階層的な情報管理ができ、情報が散乱する心配もありません。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内掲示板の導入におすすめのサービスまとめ

これまで、社内の掲示板をデジタル化する上でおすすめのサービスを中心にご紹介してきました。以下は、社内掲示板サービスを導入すると得られる3つのメリットは以下になります。
 
  • 掲示内容に関する問い合わせ工数を削減し、業務を効率化できる
  • 蓄積された情報が知的財産になり社員の自己解決能力が向上する
  • 検索や分類ができるので情報へのアクセス性が高まる
社内掲示板は社内情報だけでなく、問い合わせや回答などの蓄積により「手間の削減」「自己解決力の向上」に繋がります。また、掲示板には多くの情報が集まるので「情報へのアクセスが良く、分類ごとに整理できる掲示板サービス」であるのが大前提です。
 
今回ご紹介したStockは、「ノート」と「フォルダ」でさまざまな情報を管理し、断片的なキーワードでの検索でも該当の情報にたどり着ける掲示板サービスです。
 
登録は無料かつ1分で入力が完了するので、ぜひ「Stock」で社内掲示板を運用し、円滑な情報共有を実現しましょう。
 
関連記事: 掲示板とは?社内で活用して積極的に情報交換しよう!
 
関連記事: 社内掲示板を使って情報共有をしよう!オススメサービス10選