業務を進める上で欠かせないマニュアルですが、作成して終わりではなく、社内で共有・運用をし、常に新しい情報に更新し続ける運用体制、すなわち「マニュアルの管理」が重要です。
 
しかし、管理の重要性や必要性は把握していても、正しく管理できているかどうか自信がない方や、管理がうまくできずに頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。
 
一方、マニュアルの管理にはツールを導入することで簡単に管理ができ、効率化によって空いた時間を別の業務に転換できます。
 
そこで今回は、オススメのマニュアル管理ツールを7つご紹介しますので、
 
  • 一番使いやすいマニュアル管理ツールが知りたい
  • 自社のマニュアルを含む文書管理が煩雑で困っている
  • 色々なマニュアル管理ツールから比較検討したい
という方は、ぜひこの記事を参考にしてマニュアル管理や文書管理を効率化し、生産性向上を実現しましょう。
 
関連記事: マニュアルの定義とは?マニュアル作成の目的とメリットもご紹介!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

社内資産化や管理に役立つマニュアル作成ツール7選

マニュアルを資産として管理するにはマニュアル作成ツールが効果的ですが、ツール選定前には特徴や料金などを把握しておく必要があります。
 
以下では、7つのマニュアル作成ツールについて、特徴や料金をまとめてみました。

マニュアル作成だけでなく、様々な業務で利用できる「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。

高機能・多機能で、マニュアル作成に特化している「iTutor」

iTutorのトップページ

「iTutor」|マニュアル作成ソフトの決定版

https://itutor.jp/

iTutorは、どなたでも簡単にマニュアルやデモ動画を作成できるツールです。eラーニング教材なども簡単に作ることができます。

■iTutorの特徴

1. 簡単にマニュアルを作成できる
iTutorを起動してからパソコンでマニュアルにしたい動作をするだけで、外注したかのような高品質なマニュアルを作成できます。
 
2. テキストマニュアルだけではなく、動画マニュアル・eラーニング教材も作れる
テキストだけでは伝わりにくい部分を動画マニュアルにしたり、eラーニングコンテンツもドラッグ&ドロップの動作を行うだけで作成できます。

■iTutorの主な機能

iTutorのマニュアル作成画面

iTutorのマニュアル作成機能では、ツール起動後、いつものようにパソコンを操作するだけで、「取込・編集・出力」の3ステップでマニュアルを作成してくれます。
編集段階では、PowerPointを利用するような感覚で簡単に行えます。

■iTutorの料金

iTutorの料金プランページ
https://itutor.jp/itutor/price/

21日間、無料トライアルで利用できますが、1番人気のプロフェッショナルプランは60万円からとなるので、導入する場合は問い合わせをする必要があります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

豊富なテンプレートが選択できる「Dojo」

Dojoのトップページ

「Dojo」|マニュアル作成ソフト

https://www.tepss.com/

Dojoは、誰でも簡単に高品質のマニュアルを作成できるツールです。
テンプレートも豊富なため操作に戸惑うことがありません。

■Dojoの特徴

1. 簡単に高品質なマニュアルが作成可能
豊富なテンプレートと、自動音声合成機能が搭載されているため、誰でも高品質なマニュアルを作成できます。
 
2. eラーニングも作成でき、学習管理システムとの連携ができる
eラーニングコンテンツを作成でき、作成したコンテンツは学習管理システム「GAKTEん」で配信で配信できるため、社員の学習進捗の把握まで可能になります。

■Dojoの主な機能

Dojoのマニュアル作成機能

「マニュアル作成機能」では、専門的な知識を必要とせず豊富なテンプレートを使用し、手順に沿って行うだけで高品質なマニュアルを作成できます。
キャプチャした画像の編集も容易に行うことができます。

■Dojoの料金

体験版を無料で利用できますが、導入を本格的に検討している場合は問い合わせが必要です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

eラーニングに対応している「TeんDo」

TeんDoのトップページ

「TeんDo」|マニュアル作成ソフトTeんDoシリーズ

https://www.tento.camp/tendo/

TeんDoは、自動マニュアル作成ソフト「Dojo」を利用できるクラウド版ソフトです。
簡単に精度の高いマニュアルを作成できます。

■TeんDoの特徴

1. 簡単に精度の高いマニュアルが作成できる
画面をキャプチャし、簡単な入力をするだけでマニュアルを作成できます。
また、図表や音声の挿入もできるため、思い通りのマニュアルに仕上げることができます。
 
2. マニュアルだけではなく、汎用性が高い
マニュアルだけではなく、動画マニュアル、eラーニングツール、プレゼンツールにも活用できるため、様々な使い方が期待できます。

■TeんDoの主な機能

TeんDoのマニュアル作成画面

「マニュアル作成機能」ではソフトを起動し、簡単な入力を行うだけで素早くマニュアルを作成できます。
また、自動キャプチャやエフェクトなどの機能も搭載しているため、高品質なマニュアル作りを可能とします。

■TeんDoの料金

TeんDoの料金プランページ
https://www.tento.camp/tendo/

無料トライアルでは30日間利用できます。
その後は契約期間は最低3ヶ月となる、有料契約(68,000円/月(1ライセンス)〜)をする必要があります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

インストール型にも対応している「Teachme Biz」

Teachme Bizのトップページ

「Teachme Biz」|動画で手順書を簡単作成

https://biz.teachme.jp/

Teachme Bizは、認知度も高いマニュアル作成ツールで、幅広い業界で導入実績を誇ります。
マニュアルの作成だけではなく、トレーニング機能に特化していることが特徴として挙げられます。

■Teachme Bizの特徴

1.マニュアルの浸透を助ける機能
アプリ上に全てのマニュアルがあるため、検索しすぐに参考資料として使用できます。
また、新人教育に用いるコースの作成も可能です。
 
2. 効果測定機能が搭載されている
マニュアルがどれくらい活用されているのかを知ることができる「効果測定機能」があります。
データに基づいてマニュアルの活用を促す戦略を立てられます。

■Teachme Bizの機能

Teachme Bizのマニュアル作成画面

マニュアル作成機能では、写真撮影・画像編集・テキスト入力・公開という4ステップで簡単にマニュアルを作成できます。
テキストで伝えづらい部分があれば、動画にも対応しているため思い通りにマニュアルを作成可能です。
タスク機能を使うと、マニュアルを期日・担当者に対し、タスクとして設定できます。
コミュニケーション機能も搭載しており、マニュアルごとにコメント欄があるため、マニュアルを見たことや質問をコメントできます。

■Teachme Bizの料金

Teachme Bizの料金プランページ
https://biz.teachme.jp/price/

無料で30日間お試しで利用できますが、その後は有料プランとなるので、問い合わせをする必要があります。
 
関連記事: 本当に使える正しい業務マニュアルの作成方法


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

多言語対応のマニュアルを簡単に作成できる「AiLingual」

AiLingualのトップページ

「AiLingual」|マニュアル作成・共有・一元管理クラウドサービス

https://www.konicaminolta.jp/ailingual/

AiLingualは、外国人のスタッフがいる企業におすすめのマニュアル管理システムです。

■AiLingualの特徴

1.作成から共有までを一元管理
マニュアルを作成するのみではなく、マニュアルの浸透を促すための共有・更新までを管理することができます。
 
2. 20カ国語に自動翻訳可能
マニュアルを20ヵ国の言語に翻訳することが可能なので、外国人の従業員がいる企業の人材教育に大きく貢献することができます。

■AiLingualの機能

AiLingualのマニュアル作成画面

AiLingualのマニュアル作成機能は直感的で簡単な操作性を持つため、素早くマニュアルを作成できます。
また、高い閲覧性・検索性でマニュアルが浸透しやすくなります。

■AiLingualの料金

AiLingualの料金プランページ

フリープランでは30日間利用できます。初期費用3万円に加え、利用人数によって費用が違ってくるので、導入を検討する場合は問い合わせをしましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

動画マニュアル作成に特化している「WebDemo」

WebDemoのトップページ

「WebDemo」|企業の動画活用のことならウェブデモ

https://webdemo.co.jp/

WebDemoは、企業向けの動画作成に特化したサービスを提供しており、誰でも簡単に動画を作成できます。

■WebDemoの特徴

1.動画に特化している
動画作成に特化した会社が開発をしているため、画面キャプチャ・動画編集・動画ファイルに出力の3つのステップで簡単に動画を作成できます。
 
2.企業だけでなく、3500以上の団体に導入されている
動画マニュアルやビジネスアニメ、eラーニング教材制作ツールとして、教育機関や行政機関にも利用されています。

■WebDemoの主な機能

動画マニュアル作成機能がメインであり、動画マニュアルを簡単なステップで作成できるため、eラーニング教材や動画で分かりやすい実践的なマニュアルを作成できます。

■WebDemoの料金

WebDemoの料金プランページ
https://webdemo.co.jp/software/order/

ダウンロード版とパッケージ版があり、ダウンロード版は66,000円/1ライセンス〜、パッケージ版は74,800円/1ライセンス〜となっています。
 
関連記事: 【最新版】マニュアル作成ツール19選!経験やノウハウを蓄積しよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

マニュアルの適切な管理で得られるメリット3選

マニュアル作成ツールを導入し、マニュアルの適切な管理ができるようになると、以下3つのメリットが享受できます。
 
もちろん、マニュアルを使うシーンだけでなく、他の文書管理や業務効率化にも貢献するので、社内のIT化を推進するためにも役立ちます。
 
関連記事: 【徹底解説】マニュアルとは?意味や目的・作成方法からポイントも紹介

速やかな情報伝達が可能

マニュアル作成ツールを用いて作成したマニュアルは、情報伝達の速度の向上に貢献します。
 
例えば、新入社員や異動してきた社員への教育にマニュアルを活用することで、担当者が付いてひとりひとりに業務内容やシステムの使い方などを説明する必要がなくなります。
 
もし、マニュアルがなければ属人化された知識やノウハウを伝達するのに、時間的コストがかかってしまうでしょう。
 
そのため、マニュアルの作成・運用は速やかな情報伝達を可能にし、情報共有にかかるストレスを削減できます。

素早い情報アクセスによる迅速な対応

例えば、トラブルに何かシステムがあった際には、「よくある質問」や「FAQ」としてあらかじめ対処法を掲載したマニュアルがあると、対処方法を人に聞く必要がなくなるうえ素早い対応ができます。
 
さらに、マニュアル作成ツールで作成したマニュアルはクラウド上に保管するので、マニュアルの検索機能を用いれば、必要なときにすぐアクセスが可能です。
 
もし、マニュアルを紙で管理している場合は必要なときにアクセスができず、探す時間がかかってしまった結果対応に遅れが発生してしまう、というケースが発生する可能性があります。

業務の「見える化」を実現

業務内容のハウツーがマニュアルに記載されていることにより、業務内容の見える化が可能です。
 
そのため、スムーズな業務引き継ぎを実現し、個々の業務クオリティを下げることなく一定の水準に維持できます。
 
例えば、紙媒体でのマニュアルを変更・修正する際は、訂正箇所に手書きで赤をいれたり、再度印刷して担当者ひとりひとりに渡していく必要があるので、効率的であるとは言えません。
 
しかし、クラウド上で管理していれば、見える化・整理された綺麗なマニュアルの保存が可能です。
 
他にも、マニュアルは作成しては終わりではなく運用し続ける必要がありますので、柔軟に修正できる点は紙媒体のマニュアルにはないメリットと言えるでしょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

おすすめのマニュアル管理ツールまとめ

これまで、おすすめのマニュアル管理ツール7選と、マニュアルの適切な管理によるメリットをご紹介してきました。
 
ツールを導入する際には、マニュアル作成に特化したツールはもちろんですが、情報・文書管理など、他の業務でも利用できるツールにすると、さらなる業務効率化が期待できます。
 
しかし、多機能なツールは使いこなせれば効果を発揮しますが、使い方が複雑なことも多く、ランニングコストも高い傾向があります。
 
そのため、ツール選定の際は「使いやすく、継続的に運用できるか」が重要なポイントです。
 
説明がいらないほどシンプルで使いやすいマニュアル作成ツールのひとつに、80,000社以上の導入実績を誇る「Stock」という、今話題のツールがあります。
 
マニュアル作成だけではなく、情報共有やタスク管理も行えるので、幅広い業務で使えることはもちろん、利用業界や業種を選びません。
 
利用・登録は無料からできるので、ぜひ利用して業務効率化を実現しましょう。
 
関連記事: 業務マニュアルの作り方って?手順を分かりやすく解説!