最近、ニュースやインターネット、書籍で「DX」という言葉を頻繁に見かけるようになりました。
しかし、DXの意味まで知っている人は多くないのではないでしょうか。
DXの他にも似たようなワードがいくつかあり、どれも似たような意味があるので、その違いが分からなくなるからです。
 
そこで今回は、「DXと他の関連語句との違い」と「DX戦略のメリット」、「DX戦略の現状と課題」をご紹介します。
 
Stockのバナー

DXとは何か?

DXはDigital Transformation (デジタルトランスフォーメーション)の略語です。
 
DXの考え方は、2004年にスウェーデンのウメオ大学教授エリック・ストルターマンが「DXとは、進化したIT技術を浸透させることで、あらゆる面で人々の生活を豊かにする変化のこと」と提唱したのがきっかけで世界中に広がりました。
 
Transformationは「変革」「変容」「変換」を意味する単語ですので、Digital Transformationは直訳すると「デジタルによる(ビジネスや社会の)変革」となります。

ビジネスにおけるDXの意味

DXの定義は、環境や立場によって変化するので、明確なものはありません。
しかし、いくつかの定義を確認すると共通する点があるのがわかります。
 
■IPA(情報処理推進機構)の定義
「デジタル技術の活用によって企業のビジネスモデルを変革し、新たなデジタル時代にも十分に勝ち残れるように自社の競争力を高めていくこと」
 
■経済産業省の定義
「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」
 
つまり、ビジネスシーンにおけるDXの意味は「IT技術の活用により変革をもたらすことで、競争優位を確立すること」です。
 

なぜ「Digital Transformation」が「DX」なのか?

Digital Transformation の略語が「DT」ではなく「DX」であるのには理由があります。
 
接頭語の Trans- には across と同じような意味があり、across には十字に交差するというニュアンスがあります。
そのような理由から、Trans- はしばしば「X」と省略されます。
ですので、Digital Transformation は「DT」ではなく「DX」と表記されるのです。
 
ビジネスマンでなくても、知っておいて損はない豆知識です。
Stockのバナー

「デジタルトランスフォーメーション」「デジタライゼーション」「デジタイゼーション」の違い

「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)」と同じような概念に、「デジタイゼーション」「デジタライゼーション」があります。
これらは「デジタル化」と一括りにされることがありますが、それぞれが異なる意味を持ちます。

「デジタライゼーション」「デジタイゼーション」の意味

「デジタイゼーション」
デジタイゼーションは、IT技術を活用することで特定の業務をデジタル化し、業務の効率化を目指すものです。
例えば、「紙の文書をデジタル化してクラウドで管理すること」や「アナログ広告ではなくオンライン広告を活用する」などが挙げられます。
 
「デジタライゼーション」
デジタライゼーションは、IT技術を活用することで業務フローや経営プロセスをデジタル化し、生産性の向上を目指すものです。
例えば、「生産ラインをオンラインで管理して、蓄積されたデータをもとに最適化をしていく」などが挙げられます。

3つの関係性

「デジタイゼーション」「デジタライゼーション」「デジタルトランスフォーメーション」は、それぞれが独立した概念ではなく、企業が競争優位を確立するための3ステップを指します。
 
ステップ① デジタイゼーション
アナログな情報や作業をデジタル化することで、データの蓄積や作業の標準化ができます。
 
ステップ② デジタライゼーション
蓄積されたデータを利用して、組織全体のプロセス最適化や顧客に付加価値を与えることを可能にします。
 
ステップ③デジタルトランスフォーメーション
ビジネスモデル自体がデジタル化され、今までにない価値を社会に提供することで企業の優位性が確立されます。
Stockのバナー

DXから得られるメリット

生産性の向上と利益の増加

IT技術の導入により、既存の業務やプロセスがデジタル化されるので、それらの見直しが発生して最適化がされます。
最適化によって空いた資源は、別の重要な業務や長期的な投資が必要なプロジェクトに充てることができます。
 
また、業務が標準化されることで、人的ミスや品質のムラが無くなるので精度が高まり、コスト削減に繋がります。
さらに、生産規模が倍増することで効率が上がり、生産性と利益が向上していきます。

リスクからの回避

DXを推進せずに老朽化したシステム(レガシーシステム)を使い続けることで、システムの複雑化や維持費の高額化、管理者不足といった問題が発生します。
何十年と使われてきたシステムは複雑化するので、それを維持するためには膨大なコストがかかります。
 
また、古いシステムを管理できる人材の確保が困難なので、システムを継続して利用することができなくなり、事業全体に影響を及ぼす危険があります。
さらに、先進的な技術を学んだ人材を採用できても、真価を発揮できないなどの「適材適所の人材活用ができない」という問題もあります。
 
DXを推進することでこれらの課題は改善され、様々なリスクを回避することができます。

新たなビジネスへの展開

デジタルトランスフォーメーションの目的は、業務のデジタル化ではなく「社会にない新たな価値を創造して優位性を確立すること」にあります。
 
ビックデータやクラウド、AI、IoTなどを活用することで、今までなかった商品やサービスを提供している企業がたくさんあります。
それらの企業は消費者行動を大きく変え、市場開拓者として大きな利益を得ています。
 
さらに、そこで得られた精度の高いデータを蓄積・分析・活用することで、新たな商品開発やプロモーションを打ち出せるという好循環を生み出すことができます。

市場への柔軟な対応

市場では様々な破壊的なイノベーションが起こり、既存の市場がいつまでも残っているという保証はありません。
 
そこでDXを推進すると、あらゆるデータの活用が可能になるので、企業の生産性やイノベーションが活性化されます。
ですので、外部環境が変化しても柔軟な対応と新たな収益モデルを確立できる可能性があります。
 
市場の大きな変化に備えるためには、DXを進めて環境を整えることが必要になります。
Stockのバナー

「DX戦略」推進の現状と課題

IT人材/IT教育が不足している

日本の企業は、社内システムの管理をITベンダー企業など外部に委託していることがほとんどです。
ですので、「社内でIT人材が育たない」「採用できても古いシステムの維持・管理を担っている」というのが現状です。
 
また、「IT関連費用の8割が現行ビジネスの維持・運営に充てられている」と言われています。
DXの推進にはIT人材が不可欠なので、旧来のシステムを見直すことやIT関連の予算を増加させるなどの対応が必要です。

既存システムがレガシー化している

日本企業は、レガシー化しているシステムから抜け出せないというのが現状です。
 
なぜなら、レガシーシステムから脱却するには、膨大な機能をもつ基盤システムと周辺システムを可視化して、現状課題の把握や次期システムの要件を定義するなど、かなりのコストが必要になるからです。
このような課題から、新たなシステムを利用したDXの推進に乗り出せないのです。

経営者層のコミットメントがない

DXを成功させるためには経営者層のコミットメントが重要です。
 
「どのような目的でDXを推進するのか」「どのようなビジョンを描いているのか」などを明確に持ち、社内全体の意識を変えていく必要があります。
しかし、現状は「IT人材/IT教育が不足していること」や「既存システムがレガシー化していること」などの課題から、DXどころかデジタイゼーションにも取り組めていない企業も多いです。
Stockのバナー

企業のDXをサポートするツールの種類

情報共有ツール

DXを進める上で最も重要になるのが「情報共有ツール」です。
DX推進は特定の部門やチームだけで実現できる取り組みではないので、組織全体での横断的な情報共有が必要です。
また、情報を蓄積しながらもコミュニケーションが取れると、さらに利便性が増します。

自動化ツール

デジタイゼーションの取り組みとして、「自動化ツール」を導入しましょう。
定型業務などが自動化されることでミスが減り、さらに空いた時間で重要度の高い仕事に取り組むことができます。
自動化ツールの活用は、DXを段階的に推進するための土台となります。

バックオフィスツール

バックオフィスツールを導入することで、業務の効率化とデータ蓄積、データの有効活用が可能になります。
バックオフィスツールは、顧客に対する価値創出に直接繋がるものは少ないですが、組織全体の生産性を上げることをサポートしてくれます。
Stockのバナー

DX化を支援してくれるおすすめのツール

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。


Stockのバナー

まとめ

DXをはじめとした3つのワードの意味をまとめてみます。
 
■デジタイゼーション
IT技術を活用することで特定の業務をデジタル化し、業務の効率化を目指すもの
■デジタライゼーション
IT技術を活用することで業務フローや経営プロセスをデジタル化し、生産性の向上を目指すもの
■デジタルトランスフォーメーション(DX)
IT技術を活用することで変革をもたらし、競争優位を確立するもの
 
この3ステップを踏むことで、企業はDX化を実現することを可能にし、社会に新しい価値を提供することができるのです。
 
また、今回は「DXの課題」と「DX推進をサポートしてくれるツール」もご紹介したので、ぜひこの記事を参考にしてDXを進めてみてください。