近年「DX化」という言葉をよく耳にするようになりました。また、「IT化」「IoT」「ICT」などの言葉もここ数年で大きく普及しています。
 
しかし、それらの言葉はニュースでも頻繁に使われ続けたために、現在では意味を説明せずに語句を掲載するメディアも多くなっています。そのため、DX化が具体的にはどのようなものを指すのか良くわからないと感じている方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、DX化とIT化・IoT・ICTの違いとDX化の事例、推進のポイントを紹介します。
 
  • DX化とIT化・IoT・ICTにはどのような違いがあるのか知りたい
  • DX化に取り組むにあたって注意すべきポイントを知りたい
  • DX化の企業事例を知り、自社でも実践したい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、DX化がどのような変化を指すのか理解でき、DX化を実現するための方法もわかります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは何か

以下では、DXについてわかりやすく解説します。多くの類語があるので、正しく理解しておくことが重要です。

DXの意味

DXはDigital Transformation (デジタルトランスフォーメーション)の略語です。
DXは2004年にスウェーデンのエリック・ストルターマン教授が提唱した概念で、その内容は「IT技術によって、人々の生活が良い方向に向かっていく」というものでした。
 
その後、IT専門調査会社や経済産業省などによりDXが定義付けされましたが、それらを簡単にまとめると「DXとはデジタル技術の活用によって、ビジネスモデルや人々の生活を根底から変えることを目的とするもの」となります。
 
近年、経営を取り巻く環境は急激に変化しています。企業は生き残るためにビジネスモデルや経営プロセスの変革、新たな顧客価値の創造を迫られており、それを解決できるのがDXです。
 

デジタルトランスフォーメーションとデジタライゼーション

デジタルトランスフォーメーション(DX)とデジタライゼーションには、変化させる対象が異なるという違いがあります。
 
デジタライゼーションは「既存の価値をデジタル化しながらも、新たな価値をデジタルによって創造していくこと」です。
 
つまり、業務効率化のための局所的なデジタル化に留まらず、自社の環境や経営戦略などを含めたプロセス全体をデジタル化していく取り組みです。
 
すなわち、デジタライゼーションはデジタル化による一企業の業務やプロセスの改善を目的としますが、デジタルトランスフォーメーション(DX)は社会全体への影響の付与を目的としています。
 
関連記事: DX(デジタルトランスフォーメーション)の意味とは?定義やメリットを解説


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX化とIT化の違い

以下では、DX化とIT化にはどのような違いがあるのかを分かりやすく解説します。

IT化の意味

IT化とは「既存の業務プロセスを維持したまま、IT技術を利用して業務効率化と生産性向上を目指すもの」です。
 
たとえば、連絡手段が手紙からEメールに代わったのもIT化の事例です。これにより相手と瞬時に連絡が取れるようになり、意思決定のスピードが飛躍的に向上しました。
 
すなわち、IT化は既存のものをより良くするために行われます。

DX化とIT化の違い

IT化は既存の作業の効率化を目的とする一方で、DX化は社会へ新しい価値を創出することを目的にしています。
 
たとえば、IT化は「作業時間が削減される」「定型業務が自動化される」などの既存業務の効率化に留まる一方で、DX化は「顧客データの分析から新たな収益モデルが生まれる」「顧客の生活スタイルを変容させる」といった根本的な変革をもたらします。
 
したがって、IT化は局所的な改善であるのに対して、DX化は大局的な変革だと言えます。

DX化とIT化の関係

IT化はDX化の「手段」のひとつです。
 
IT技術単体では大きな変革は起こせませんが、DX化を推進するためにはIT技術が必須になります。
 
ただし、IT化の目的が必ずしもDX化にあるとは限りません。既存の業務やタスクの効率化を目的として導入するパターンも考えられます。
 
そのため、IT化を実施するにあたっては「どのような目的でIT化をするのか」の定義付けが必要です。
 
関連記事: IT化って何?DXとの違いやメリット・進め方も徹底解説


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX化とIoTの違い

以下では、DX化とIoTの違いについてわかりやすく解説します。IoTも近年注目を浴びているキーワードとなるので、正しく理解しておきましょう。

IoTの意味とは

IoT(Internet of Things)は、身の回りのモノとインターネットがつながることを指します。IoT技術を活用すれば、手の届かないような遠距離のモノに対しても操作が可能となります。
 
近年普及したIoT技術としてスマートスピーカーがあります。スマートスピーカーには音声認識機能が備わっており、持ち主の指示に応じてテレビを点けたり音楽を流したりできます。
 
このように、インターネットを通じて距離に縛られずにモノとつながれることをIoTと言います。

DX化との違いとは

DX化とIoTには、DXはビジネスプロセスを変革するのに対して、IoTはその過程にある手段のひとつという違いがあります。
 
IoT技術の一例であるスマートスピーカーを導入しただけでは、DX化は実現しません。しかし、スマートスピーカーの活用によって人々の生活における利便性が大きく高まった場合には、DX化は実現したと言えます。
 
このように、IoTは、DX化の実現に向けた手段の一つとして取り入れられます。
 
関連記事: DXプロジェクト成功の方法は?進め方や課題、成功事例を解説
 
関連記事: DXで実現する働き方改革とは?実現の方法や事例、おすすめツールをご紹介!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX化とICTの違い

以下では、ICTの概要と、DX化とICTの違いについてわかりやすく解説します。ビジネスはもちろん一般の生活シーンでも幅広く取り入れられている技術となります。

ICTの意味とは

ICT(Information and Communication Technology)は、情報通信技術を指します。IT(Information Technology)と比較するとICTはコミュニケーション(Communication)の要素が重視されており、人々の生活により近いところでの導入が進んでいます。
 
ICTの事例としては、タブレットを利用した学習システムなどが挙げられます。ICTは、教育をはじめとするさまざまな業界ですでに導入が進んでいます。
 
すなわち、ICTとはインターネットを利用した技術やサービスの総称です。

DX化との違いとは

DX化とICTには、DX化はビジネスモデルの変革を行うのに対して、ICTは業務効率化・生産性向上を実現させるといった違いがあります。
 
ICTの一例であるタブレットを利用した学習システムの導入により、テストのオンライン化や採点の自動処理などが可能になります。これにより、教師の業務負担が大きく軽減されます。このように、デジタル技術の導入により業務が効率化するのがICTの利点です。
 
さらに、学校における業務フローが日常的にタブレットを使用し、テストもオンライン上で完結するといったものに変化すれば、教員の業務内容が大きく変化します。このように、従来の業務フローを大きく変化させより良いものへと変化させるのが、DX化の魅力です。
 
すなわち、ICTはDX化の実現に当たっての手段のひとつです。
 
関連記事: 教育DXとは?導入のメリットからおすすめツールまでご紹介!
 
関連記事: なぜDX実現にクラウドが必要なのか?メリットやおすすめツールもご紹介!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX化に成功した企業事例

以下では、DX化を実現した3つの企業を紹介します。成功事例を参考に、自社で実践するDX化をどのように進めていくかの検討が必要となります。

三菱電機メカトロニクスエンジニアリング株式会社

三菱電機メカトロニクスエンジニアリング株式会社は、産業メカトロニクス製品の全方位にわたるサービスで顧客に価値を提供している企業です。
 
同社は従来「顧客の稼働工場でトラブルやエラーが発生した際に、現場の状況がわかるまでに時間がかかるので、顧客への対応が遅れてしまう」という課題を抱えていました。
 
そのような課題を解決するために、IoT技術を利用して稼働工場の状態をリモートで確認・診断できる「iQ Care Remote4U」というサービスを開発しました。
 
本サービスによって、製造現場の外から稼働状況や加工予測などをリアルタイムに確認できるようになりました。このように、三菱電機メカトロニクスエンジニアリング株式会社は、目的をもってITツールを開発・導入し、DX化を実現させました。
 

株式会社メルカリ

株式会社メルカリは、フリーマーケットアプリのメルカリを提供している企業です。
 
パソコンからの利用や実名での取引が前提であったインターネットオークションをスマートフォンから匿名で取引できるものへと変革し、インターネットオークションへの社会の考えを大きく変革させました。
 
この匿名取引を可能にしたのが、サービス利用者に相手の情報は開示されないものの、配達業者には必要な情報が提供されるという画期的なITシステムの導入です。このように株式会社メルカリは、インターネットオークションの敷居が高い原因を取り除くシステムの導入によって、DX化を実現させました。
 

スポティファイ・テクノロジー

スポティファイ・テクノロジーは、様々なデバイスから音楽を楽しめる定額サービス「Spotify」を提供している企業です。
 
CDの購入やレンタルが主流であった頃に、インターネット経由で音楽を楽しめるサブスクリプション型のビジネスモデルを確立しました。その結果、音楽を聴くことの価値を大きく変革し、世界中で利用されるサービスへと発展しました。
 
また、楽曲の視聴だけでなく、個人の好みを分析するレコメンデーション機能やプレイリストの共有などで新しい曲との出会いを提供し、新しい価値を提供し続けています。このようにスポティファイ・テクノロジーは、サブスクリプションというサービスをITによって実現させ、DX化を成功させました。
 
参考:Spotify(JP)
 
関連記事: 【業界別】DXの事例12選!DXを成功させるポイントも解説!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX化を進める上でのポイント

以下では、DX化を進めるうえで注意すべきポイントを3点紹介します。以下のポイントがひとつでも漏れてしまうとDXの実現に時間がかかる原因にもなりかねないので注意しましょう。

目的を正しく策定する

DXを推進するためには、DXの目的を正しく定める必要があります。
 
DX化の実現には、ITツールの導入が必要です。しかし、システムやツールの導入が目的になってしまってはDXの実現は困難です。
 
そのため、DX化に取り組む際にはIT技術はDX化の手段であることを常に意識して取り組みましょう。

古いシステムから脱却する

今までの非効率な古いシステムからの脱却をしなければDXは成功しません。
 
DX化に成功した企業は、既存のシステムに固執せずに適宜新しいシステムを取り入れています。
 
既存の不便なシステムをそのまま使い続けてしまうと、DXを推進するどころか大きな損害を被ることに繋がります。また、老朽化したシステムを使い続れば、データを有効利用できなくなったり業務が複雑化したりとさまざまなデメリットが発生します。
 
使い慣れたシステムに固執するのではなく、自社の業務効率化・生産性向上に貢献するITツールを選定し、積極的な投資を行っていくことがDX化に求められる点に注意です。

適切なシステムやツールを導入する

DXを進めるにあたっては、自社の目的に沿ったITツールを導入する必要があります。
 
逆に、現在の組織やチームに合わないものを選択してしまうと、かえって邪魔な存在になりかねません。
 
ツールの選定前に自社の強みや弱みを分析し、それらを活用・補強できるものを選ぶ必要があります。たとえば、社内の情報共有の非効率さに課題を感じている場合、「Stock」のようなリアルタイムでの情報共有が可能となるクラウドツールの導入がおすすめです。
 
このようにDX化の推進に当たっては、自社の構造を詳細に分析した上で、自社に合ったツールを導入する必要があります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX化をサポートするおすすめのツール

以下では、社内のDX化に貢献するおすすめのツールをご紹介します。
 
DX化にあたって大切なのは、全社員がツールを活用して業務に取り組めることです。ツールを使いこなせないために一部の社員が別の手段を用いるようになれば、リアルタイムの情報共有といった目的は達成されず、DX化は失敗に終わってしまいます。
 
そのため、ITリテラシーを問わず、誰でも簡単に使えるツールを導入する必要があります。また、非IT企業がすぐに取り組める施策として、日々の情報共有の効率化や情報の蓄積・一元管理といった、身近な部分からアプローチすると、DXの実現に近づきやすくなります。
 
以下でご紹介する「Stock」は、直感的に操作できる使いやすい情報共有ツールです。「ノート」を使えばリアルタイムで全社員に情報共有できるほか、「ノート」に紐づけた「メッセージ」のやり取りにより案件ごとに情報をストックできるので、目当ての情報を毎回探す必要もありません。
 
また、1営業日以内の返信という迅速なサポートサービスがあるため、利用中に発生した疑問もすぐに解消できます。

【Stock】スムーズにDX化を実現する情報共有ツール

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

DX化とIT化の違いまとめ

ここまで、DX化とIT化・IoT・ICTの違いやDX化のポイント、DX化に貢献するおすすめのツールを解説しました。
 
DX化を効率的に進めるには、目的を策定したのちにITツールを導入し、社内全体で目的達成に向けてITツールを活用していくことが大切です。
 
しかし、一定額の投資をしてITツールを導入しても、利用に際して高いITリテラシーが必要なツールであった場合、DX化は成功しません。紙といったITツールではない別の手段で情報をやりとりする社員がいると、情報共有の手段が社内に複数パターン存在してしまい、情報の一元管理が実現しないためです。
 
すなわち、情報共有に関わるDX化の推進に当たっては、リテラシー問わず誰でも簡単に活用できる情報共有ツールStockを利用し、全社員の協力を得て進めることが求められています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して、DX化をスムーズに実現させましょう。
 
関連記事: DXで注目されている中小企業5選!DXを成功させるためのポイントも解説
 
関連記事: 日本におけるDXの課題や問題点とは?課題解決の方法も解説!
 
関連記事: DX支援サービスとは?事例からおすすめサービスまでご紹介!
 
関連記事: マーケティングDXとは?課題や実現方法、DXに貢献するツールも紹介
 
関連記事: DXの活用事例とは?DX実現のメリットやおすすめツールも紹介
 
関連記事: DX推進の目的とは?目的が必要な理由と職種・組織別の目的例を紹介
 
関連記事: 【日本企業向け】なぜDXはうまくいかないのか?進まない理由を解説