IT化に似た概念にDX化というものがあります。
この2つには明確な違いがありますが、それを知る人は多くありません。
また、「DXは知っているけれど、DXを進める時のポイントがわからない」という方もいるのではないでしょうか。
 
そこで今回は、「DX化とIT化の違い」「DXを進める時のポイント」を中心に解説していきます。
 
Stockのバナー

DXとは何か?

DXの意味

DXはDigital Transformation (デジタルトランスフォーメーション)の略語です。
DXは2004年にスウェーデンのエリック・ストルターマン教授が提唱した概念で、その内容は「IT技術によって、人々の生活が良い方向に向かっていく」というものでした。
 
その後、IT専門調査会社や経済産業省などによりDXが定義付けされましたが、それらを簡単にまとめると「DXとはデジタル技術を活用することで、ビジネスモデルや人々の生活を根底から変えることを目的とするもの」となります。
 
近年では経営を取り巻く環境は急激に変化しています。
企業は生き残るために、ビジネスモデルや経営プロセスの変革、新たな顧客価値の創造を迫られており、それを解決できるのがDXになります。

デジタルトランスフォーメーションとデジタライゼーション

DX(デジタルトランスフォーメーション)とデジタライゼーションは「デジタル化」として一括りにされることもありますが、実は明確な違いがあります。
 
デジタライゼーションは「既存の価値をデジタル化しながらも、新たな価値をデジタルによって創造していくこと」です。
つまり、業務効率化のための局所的なデジタル化に留まらず、自社の環境や経営戦略などを含めたプロセス全体をデジタル化していく取り組みです。
 
デジタライゼーションはデジタル化による一企業の業務やプロセスの改善に視点を置いていますが、DXは社会全体へ影響を与えることが目的になります。
Stockのバナー

DX化とIT化の違いと関係

IT化の意味

IT化とは「既存の業務プロセスを維持したまま、IT技術を利用して、業務効率化と生産性向上を目指すもの」です。
例えば、連絡手段が手紙や葉書から、Eメールやチャットツールに置き換わり「いつでも、どこからでも、すぐに」連絡ができるようになりました。
 
IT化は「既存のものをより良くしよう」というようなイメージで捉えることができます。

DX化とIT化の違い

IT化は「既存」の業務や作業を効率化することが最大の目的である一方で、DX化は「新しい」の価値を社会にもたらすことを最大の目的にしています。
例えば、IT化をすると「作業時間が削減される」「定型業務が自動化される」などの結果になり、DX化を進めると「顧客データの分析から新たな収益モデルが生まれる」「顧客の生活スタイルを変容させる」というような根本的な変革をもたらします。
 
したがって、「IT化は局所的な改善であるのに対して、DX化は大局的な変革である」と言えます。

DX化とIT化の関係

IT化はDX化の「手段」であると考えると分かりやすいです。
IT技術自体はDXのような大きな変革は起こせませんが、DX化を推進するためにはIT技術が必須になります。
 
ただし、IT化の目的が必ずしもDX化にあるとは限りません。
既存の業務やタスクの効率化を目的として導入するパターンも考えられます。
重要なのは「どのような目的でIT化をするのか」になります。
Stockのバナー

DX化が必要な理由

経済損失が大きい

経済産業省のレポートによると、現状のままでは2つの原因から、2025年〜2030年までの間に、年間12兆円の経済損失が発生する可能性があるとしています。
その2つの原因は「IT人材の不足」と「古い基幹システム」です。
 
■「IT人材の不足」
データなどの保守運用ができる人材が不足するので、企業の情報セキュリティやシステムトラブルに対応ができなくなります。
■「古い基幹システム」
デジタル市場の拡大に対して、基盤システムが老朽化していくことで維持・管理費用の膨大化やデータを活用できないことによる競争力の低下を招きます。

企業競争力やBCP対策

DXによって業界のビジネスモデルが崩壊する動きが起きています。
そのような環境の中で生き残るためには、経営プロセスなどの根本的な変革が必要になってきます。
また、BCP(事業継続)対策としてもデータを一元的に管理できるシステムや流通網をECサイトやオンラインサイトへと拡大するなどの取り組みが必要です。
Stockのバナー

DX化に成功した企業事例

三菱電機メカトロニクスエンジニアリング株式会社

三菱電機メカトロニクスエンジニアリング株式会社は、産業メカトロニクス製品の全方位にわたるサービスで、顧客にソリューションを提供している企業です。
 
同社は従来、「顧客の稼働工場でトラブルやエラーが発生した際に、現場の状況がわかるまでに時間がかかるので、顧客への対応が遅れてしまう」という課題を抱えていました。
 
そのような課題を解決するために、IoT技術を利用して、稼働工場の状態をリモートで確認、診断ができる「iQ Care Remote4U」というサービスを提供しています。
また、製造現場から離れたところから稼働状況や加工予測などをリアルタイムに確認できる機能を提供することで、「現場に行かないと状況がわからない」という常識を大きく変えました。

株式会社メルカリ

株式会社メルカリは、フリーマーケットアプリのメルカリを提供している企業です。
 
パソコンからの利用や実名での取引が前提であったインターネットオークションはハードルの高いものでしたが、スマートフォンから匿名で取引ができるビジネスモデルを確立することで「インターネットオークション」への社会の考えを大きく変革させました。
そこからスマホ決済などのサービスも開始され、さらにDXを推進しています。

スポティファイ・テクノロジー

スポティファイ・テクノロジーは、様々なデバイスから音楽を聴くことができる定額音楽サービス「Spotify」を提供している企業です。
 
CDの購入やレンタルが主流であった頃に、インターネット経由で音楽を聴くことができるサブスクリプション型のビジネスモデルを確立しました。
そして、「音楽を聴く」ということの価値を大きく変革し、世界中で利用されるサービスへと発展しました。
 
また、楽曲の視聴だけでなく、個人の好みを分析するレコメンデーション機能やプレイリストの共有などで新しい曲との出会いを提供するなど、新しい価値を提供し続けています。
Stockのバナー

DXを進める上でのポイント

目的をしっかり策定する

DXを推進するために「DXをする目的」をしっかりと定めましょう。
 
新しいIT技術や話題のシステムに注目してしまうことも多いかもしれません。
しかし、システムやツールの導入が目的になってしまってはDXを推進することは困難です。
繰り返しになりますが、「IT技術はDX化の手段である」ということを常に意識して取り組みましょう。

古いシステムから脱却する

DX化に取り組んでいる企業は、既存のシステムに固執せずに新しいシステムを取り入れています。
 
「DX化が必要な理由」でも紹介しましたが、既存の不便なシステムを使い続けてしまうと、DXを推進するどころか大きな損害を被ることに繋がります。
また、老朽化したシステムを使い続けることで、データを有効利用できなくなったり、業務が複雑化したりと様々なデメリットが発生します。

適切なシステムやツールを導入する

DXを進めるには何らかのシステムやITツールを導入する必要があります。
 
組織やチームに合わないものを選択してしまうと、かえって邪魔な存在になってしまうかもしれません。
あくまでも、会社におけるDX推進の目的から外れないように、誰でも使えるような活用しやすいものを導入しましょう。
Stockのバナー

DX化をサポートするおすすめのツール

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。


Stockのバナー

まとめ

いかがだったでしょうか。
 
DX化が大局的な変革である一方で、IT化は局所的な改善を意味することが分かりました。
また、この2つは独立した考え方ではなく、「IT化を手段としてDX化が実現する」という関係がありました。
 
最後にDXを進める上で大切なポイントをまとめてみます。
■目的をしっかり策定する
■古いシステムから脱却する
■適切なシステムやツールを導入する
 
ぜひこの記事を参考にして、IT化とDX化に取り組んでみてください。