1955年から18年ほど続いた日本の高度経済成長では、モノづくりのための大量生産に注力するため、与えられた業務を効率よく遂行していくことが求められていました。
 
しかし、ロボットやAIの進歩が目覚ましい今日では、マニュアルに沿った単純作業はロボットにとって変わるとされており、新しくナレッジワーカーと呼ばれる人材の価値が高まってきています。
 
そこで今回は、「ナレッジワーカーとはどんな人材なのか?」「求められるスキルや企業・会社に与える影響」についてご紹介していきますので、
 
  1. ナレッジワーカーの重要性を知りたい
  2. 市場価値の高いナレッジワーカーに育てるために必要な要素が知りたい
という人はぜひこの記事を参考にしてみましょう。
 
関連記事: ナレッジマネジメントの意味とは?社内でのナレッジ共有事例も解説!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ナレッジワーカーとは?

ナレッジワーカーとは、1960年代にオーストリアの経営学者・社会学者であるピーター・ドラッカーが自著のなかで用いた言葉であり、自らの専門的な知識とスキルによって企業価値を向上させてくれる人材を指します。
 
ナレッジワーカーが注目されるようになってきた背景には、今までは形のあるものが多く生産されてきたなか、IT技術や世界経済の発展によって形のない商品やサービスが求められるようになってきた、という流れがあります。
 
企業が競争を勝ち抜いていくためには、競合他社と差別化を図り、優位性を維持していくことが重要なため、知識や経験などを活かして課題解決ができるナレッジワーカーの存在が求められているのです。
 
今日の多様なニーズに応えるためには、独創的な発想力を駆使して新商品・サービスを迅速に展開していく必要があります。
 
そのための知識や、変化に対応していく柔軟性を日々の業務を通して身につけていく必要があると言えるでしょう。
 
関連記事: ナレッジとは?正しい使い方とノウハウとの違いを理解しよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ナレッジワーカーとマニュアルワーカーとの違い

ナレッジワーカーの対義語に「マニュアルワーカー」という言葉があり、決められた仕事内容(マニュアル)に沿って過不足なく作業する労働者を指します。
 
ナレッジワーカーとの違いについて、ナレッジワーカーは課題や問題に対して自らの力で解決をし、知的生産物を生み出していく「能動的」な労働者であるのに対し、マニュアルワーカーはマニュアルや指示を受けて言われた通りに働く「受動的」な労働者であると言えるでしょう。
 
ちなみに、ナレッジワーカーとホワイトカラーは同じ意味ではなく、ホワイトカラーであっても業務内容が指示やマニュアルに従うだけの業務であればマニュアルワーカーとなります。
 
逆に、マニュアルワーカーとブルーカラーの関係性についても同様で、ブルーカラーであっても全体を指揮したり、日々業務改善のための施策を、知恵を絞って考える必要がある管理職の場合などはナレッジワーカーであると言えるでしょう。
 
関連記事: 社内の情報蓄積に役立つナレッジマネジメントツールとは?導入のメリットから選び方までをご紹介!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ナレッジワーカーの具体的な職種例3選

ナレッジワーカーとされる職種は、
 
  1. 情報に対する分析結果を通して解決策を導き出す。
  2. コミュニケーションを通じて、クライアントの抱えている問題から適切なアプローチ方法を考案する。
  3. 何もないところから知恵やスキルを駆使して作品を生み出す。
などの能力が求められます。
 
以下で、ナレッジワーカーに代表される具体的な職種例を3つご紹介していきます。

WEBマーケター

WEBマーケターはWEBマーケティングを行う人を指し「顧客リストをどのように作るか、商品やサービスが売れるためにはどんな施策をするか」を日々考えていきます。
 
競合・市場調査に伴うリサーチ力や施策を考案する発想力、各種ツールを用いて分析をする能力など、幅広い能力が必要です。
 
そして、業界・業種に合わせたペルソナへのアプローチ方法、商品を拡販していく仕組みづくりを日々考えていく必要があります。

コンサルタント

コンサルタントもナレッジワーカーとして高い能力が求められる職種の一種です。
 
経営コンサルタントであれば経営に関する幅広い知識、金融コンサルタントであれば金融商品や市場の流れに関する幅広い知識が必要です。
 
さらに、企業が抱えている課題を抽出し、課題解決に向けて情報収集をすることも必要ですので、高い専門性や情報収集力が求められます。

ITエンジニア

ITエンジニアは時間と場所の制約を受けずに成果を出せる点がナレッジワーカーの特徴であると言えます。
 
コロナ禍でリモートワークが一般的になる前よりもリモートワークについて寛容であり、自らの裁量で成果にコミットすることができるので、ナレッジワーカーとしての新しい働き方として注目されています。
 
ITエンジニアには、プログラミングに関する知識や論理的思考力、エラーがでた時の解決力などが求められます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ナレッジワーカーに必要な職業スキル4選

ナレッジワーカーは持っている知識やスキルを持っているのはもちろんですが、知見を活かして知的生産物を創出し、企業や社会に対して貢献していくことが必要です。
 
そのため、自社の社員をナレッジワーカーとして育成していくために、以下4つの能力をバランスよく伸ばしていくことが重要となります。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は社会人において必須の能力ですが、ナレッジワーカーを目指すために相手の顕在的ニーズから潜在的ニーズを読み解く「聞く力」と「理解する力」が特に求められます。
 
発信する能力も大事ですが、クライアントの課題解決のためには「クライアントが今何に困っていて、課題に対してどんな価値提供できるか」を考えることが重要です。

情報収集能力

ナレッジワーカーには豊富な知識やスキルが求められるうえ、業界や競合他社の動きなどの最新情報を常にキャッチアップしていく必要があります。
 
そのため、高い情報収集能力が求められます。
 
特にIT系の場合はトレンドの移り変わりも早く、毎日のように最新情報がアップデートされていきます。
 
そして、日々の情報収集に加えて正しい情報のみを選択する、情報の取捨選択能力もあると良いでしょう。

発想力や創造力

創造力や発想力もナレッジワーカーに不可欠な要素です。
 
課題に対しての提案は誰でも思いつくようなものではなく、オリジナルの視点からの斬新な発想力が必要です。
 
また、提案するだけではなく提案を実行に移し、形あるものに仕上げていくための創造力も併せて求められます。

問題発見・解決能力

問題を発見し、解決していく能力もナレッジワーカーには必須です。
 
問題解決能力が高いとは、物事の本質を見極めて潜在的な内容まで問題を深掘りでき、客観的なデータを元に提案から実行までできる能力を指します。
 
提案実行時には進捗管理も必要となりますので、目標達成からスケジュールを決定する「逆算思考」をすることも求められます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

まとめ

ここまでナレッジワーカーの概要や代表的な職業例、スキルをご紹介してきました。以下が今回のまとめになります。
 

・ナレッジワーカーは自らの経験やスキルを活かして知的生産物を創造し、企業や社会に価値提供をする労働者。
・ナレッジワーカーとマニュアルワーカーには明確な違いがあり、今後ますますナレッジワーカーの需要が高まる。
・WEBマーケターやコンサルタントなど、創造力が求められる仕事はナレッジワーカーと言える。また、それに付随したさまざまな能力が必要。

自社にナレッジワーカーがあまりおらず、これから育成を考えているのであれば、既に自社にいるナレッジワーカーの知恵を共有することによって育成が可能です。
 
そのためには情報を共有するためのツールが必要であり、「Stock」のように安価でシンプルで使いやすいものが良いでしょう。
 
関連記事: 「ナレッジ」とは?ノウハウとの違いからビジネスシーンでの使い方を解説!
 
関連記事: ナレッジグラフを利用してもっとビジネスを促進しよう!