お使いのスマートフォンやパソコンに十分な空き容量がなく、「データや写真を保存できない」ということはございませんか?
 
今回は、そんなお悩みを解消するために、「オンラインストレージを活用する」という手段をご紹介させていただきます。
容量を気にせずスマートフォンやパソコンを利用できるサービスを解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。
 
関連記事: 容量が足りなくなる前に絶対に知っておきたい!「ストレージ」の意味、知識まとめ
Stockのバナー

オンラインストレージの基礎知識

オンラインストレージとは

オンラインストレージを一言で説明すると、「インターネット上でデータの保管や共有などを行えるストレージ」のことです。
言い換えれば、インターネット上でデータを蓄積するための容量を確保することにより、パソコンやスマホ本体の容量を圧迫せずにデータ管理が行えるサービスのことを指します。
 
つまり、データをインターネット上で管理することにより、共有したい情報を、いつでも、どこでも、どの端末からでも、閲覧・共有することができるようになるのです。
 
また、似たような言葉として「クラウドストレージ」や「ストレージサービス」などをよく見かけることがありますが、基本的には同じサービスを指しているので、大きな意味の違いはありません。
 

オンラインストレージの活用方法

写真や動画の保存

多くの場合、もっともオーソドックスな活用方法は、写真や動画を保存することだと思います。
 
写真は容量が小さいため問題になりにくいですが、動画はかなりの容量になることが多いため、ハードディスクに保存し続けるとデバイス本体の動作に影響します。
 
その点、オンラインでデータを残しておくことができるオンラインストレージなら、写真や動画が多い場合でも安心です。
 

バックアップ用としての利用

データを使用していて特に不安を感じる点として、「突然データが消えてしまう」「データを入れた外部ストレージの持ち運びを忘れてしまう」ということがあると思います。
 
どれだけ注意していても、停電などのトラブルでデータが消えてしまうリスクは付きまといます。
そこで、オンラインストレージを活用し、きちんとデータのバックアップを取っておくことが望ましいです。
 
ただし、オンラインストレージに保存しているデータについても突然消失してしまうリスクはあるため、過信は禁物です。例えば、サービスによっては「一定期間ログインしないとアカウントが削除されてしまう」仕組みになっている場合があります。
 

大容量ファイルのやりとり

ちょっとしたファイルを送受信するだけであれば、普通のメールや、チャットアプリでも大きな問題は生じません。
しかし、大容量のファイルとなると事情が異なります。
 
大容量ファイルをそのまま送受信しようとすると、デバイス本体の動作が重くなってしまい、他の作業をする際に支障が出てしまいます。
 
オンラインストレージに大容量のファイルを保存しておけば、取り扱うデータやファイルの容量が大きい場合でも、スムーズに送受信をすることができます。
 

仕事の同僚や家族、友人とのデータ共有

オンラインストレージを利用することの最大のメリットは、同僚・友達・家族などとデータを共有するのが容易になることです。
 
ハードディスクにデータやファイルを保存していると、自分で利用する際は便利ですが、それを他の人に共有するには送受信する手間が発生します。
 
ところがオンラインストレージに保存していれば、他の人も同じオンライン上のデータにアクセスできるため、わざわざデータの送受信をする必要がなくなります。
 
関連記事: 無料で使えるオンラインファイルストレージ30選を徹底比較!
Stockのバナー

オンラインストレージを選ぶ際のポイント

「オンラインストレージの活用方法はなんとなく理解したけれど、サービスが多すぎて、何を選べば良いか分からない」と感じた方もいらっしゃると思います。
 
そんな方のために、ここでは具体的にオンラインストレージを選ぶ際に見るべきポイントを解説していこうと思います。

料金プランの確認

オンラインストレージは無料で利用できるイメージを持っている方も多いと思いますが、実際は無料のものと有料のものがあることに注意が必要です。
 
当然ですが、容量無制限のものや、多くの機能が備わっているものは料金が高額になりやすいです。
ただ、オンラインストレージをそこまで頻繁に使わない人は、最初から有料のものを選ぶと必要以上にコストをかけてしまうことになるので注意が必要です。
 
最初のうちは無料で十分な容量のあるものを選べば安心でしょう。
 

ストレージの最大容量

オンラインストレージを活用する際には、現在のストレージの容量も確認する必要があります。
バックアップを取る際や、他の人とデータを共有する際も、容量不足に陥ってしまうと不便になってしまいます。
 
ギリギリの容量で済ませようとすると急に大容量のデータを扱いたい場合に困るため、ある程度は余裕を持たせておくことが望ましいです。
 

機能性

「データ保存以外の機能が備わっているかどうか」というポイントです。
 
他の人とデータを共有する機能や、違うデバイスからも閲覧や編集が可能な機能など、サービスによって様々な機能が存在します。
様々な機能を存分に活用することができれば、今まで以上に業務効率を高めることが可能になります。
 
オンラインストレージを選ぶ際には、ご自身のワークスタイルに適した機能をもったサービスを選ぶと良いでしょう。
 

利用しているデバイスに対応しているか

パソコンだけでデータを取り扱っている人は、デバイスのことを意識しなくても問題ありませんが、スマホやタブレットでもデータを処理したい人の場合は注意が必要になります。
 
オンラインストレージの種類によって、対応しているデバイスに違いがあるので、比較をする際に十分な確認をしておく必要があります。
 

セキュリティの高さ

セキュリティ機能が脆弱な場合、蓄積していたデータやファイルが流出してしまう危険性もあるため、注意が必要です。
 
特に仕事で利用する場合には重点的に確認するべきポイントと言えるでしょう。
その点、無料のサービスよりも、有料のサービスの方がセキュリティが充実していることが多いので、有料のものを選ぶのも1つの手段です。
 
関連記事: ファイルストレージ10選!管理方法を変えて業務効率化を目指そう!
Stockのバナー

容量無制限!オンラインストレージ5選

ここまで、オンラインストレージサービスの活用方法や、選ぶ際に気をつけるべきポイントをいくつか紹介してきました。
これを踏まえて、実際におすすめのサービスを5つ紹介していきたいと思います。
 

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stockの料金

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。
 
 

Dropbox

Dropboxのトップページ

Dropboxは世界初のスマートワークスペースとして誕生したサービスです。

<Dropboxのポイント>

  1. ファイル整理が容易
    いくら大容量のスペースがあっても、適当に保存しているだけでは作業効率が落ちてしまいます。しかし、Dropboxはきちんとファイル整理がされるため、大人数で作業を進める際も業務効率を落とさず作業が可能です。
  2. カスタマイズ性が高い
    おすすめのファイルやフォルダは、ユーザーごとにカスタマイズされ、検索しやすくなります。また、Dropboxの場合、ファイルやドキュメントなどを1ヶ所にまとめることができるため、必要なデータを探す手間がなくなります。

<Dropboxを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 無料版の最大容量が少ない
    一方、デメリットとして、Dropboxの無料版は容量が2GBしかないため非常に少ないというデメリットがあります。そのため、容量が気になるという方は無料で使えず、有料プランで容量を増やすしかないでしょう。

<Dropboxの料金>

Dropboxには下記の4つの料金プランがあります。
無料プランの場合、2GBまで利用できます。
Plusプランの場合、1,200円/月で1TBまで利用可能。
プロプランの場合、2,400円/月で1TBまで利用可能。全ての機能が利用可能。
ビジネスプランの場合、1,200円(1人あたり)/月 で1TBまで利用可能。
ビジネスプランの場合は企業やチームなどで活用するためのプランになります。
 
Stockのバナー

Google Drive

Google Driveのトップページ

Google DriveはGoogleアカウント1つで誰でも利用できる利便性の高いサービスです。
GmailやGoogleドキュメントなど、Googleの他のサービスと連携しており、AndroidスマートフォンやChromeブラウザと相性がいいこともポイントです。Androidスマートフォンのユーザーなら、無意識に使っているのではないでしょうか。
もちろん、iPhoneからも使えます。
また、マルチプラットフォーム、マルチデバイス対応で、専用アプリもあるのでスムーズに使えます。

<Google Driveのポイント>

  1. Googleアカウント1つで誰でもどこでも利用できる
    Google Driveは、Googleアカウントに紐づけされているので、同じGoogleアカウントで接続すれば、異なるスマホやタブレット、パソコンなどからすぐにアクセスできます。
  2. セキュリティが高い
    ファイルは共有しない限り非公開の設定なので、他の人に見られる恐れはありません。もしPC・スマホ・タブレットを紛失・破損した場合、ログインCookieリセット、または、モバイル端末のデータ消去などを使うことで情報漏洩対策になります。

<Google Driveを使う上で気を付けておきたい点>

  1. 自動同期が不安定になることがある
    Google Driveの自動同期は便利ですが、不安定になってうまく動作していないことがあります。
    保存したつもりで保存できていなかったという事態になりかねないため、定期的にチェックしましょう。また、同期の設定に専用ソフトが必要なのも不便な点の1つです。
  2. 削除設定に注意が必要
    ローカルとクラウドを自動同期している場合、ローカルからファイルを削除するとGoogle Driveからも削除されます。ローカルからのみ削除したい場合や、Google Driveからのみ削除したい場合には注意が必要です。削除関連の設定を変更するか、別途バックアップを取る等の対策しましょう。

<Google Driveの料金>

Google Drive基本的にGoogle アカウントさえあれば無料で使用できるサービスです。
無料の Google Driveを利用する場合、保存容量に15GBの制限があります。それ以上の容量を利用したい場合は有償版のGoogle One、もしくは Google Workspaceを選択する必要があります。
ただ、Google Workspaceはビジネス向けのグループウェアのため、単純にGoogle Driveを利用したいだけであれば、機能としては過剰かもしれません。その場合は、Google Oneの機能で十分でしょう。
 
Stockのバナー

firestorage

firestorageのトップページ

firestorageは、アカウント登録なしでファイル共有サービスとして、また、アカウントを無料登録することで2GBのクラウドストレージとして利用できます。
ファイルグループやメールグループなどファイルの共有に便利な機能や、firetoolsやphotostorageなどの細かな機能拡張アプリも利用できる点は大きなメリットでしょう。

<firestorageのポイント>

  1. 無料で容量無制限のストレージが利用できる
    1ファイルあたりの制限はありますが、未登録の無料会員でも総量は無制限なので、容量を気にせず使うことができます。firestorageは未登録でも利用可能ですが、無料会員登録すると1か月間ファイルの保存ができるうえに、その1か月間ログインさえすれば、ファイルが消えることはありません。また、ストレージに保存したファイルの送信・共有をする際は専用のURLを発行することができ、簡単に行えます。設定を変更することで公開停止することもできるので、安心して利用することが可能です。
  2. QRコードで簡単にファイルを共有できる
    外部の人とデータを共有する際、URLなどをメールやメッセージなどで送るか、同じブラウザ内でドライブを共有する方法などが主流です。しかし、この従来のやり方では相手のメールアドレスを事前に知っておく必要があるなど、不便な点がありました。firestorageではファイルの共有方法の一つとして、データのアップロード完了後にQRコードを発行し、画像として保存することができます。連絡先を知らなくても、対面でQRコードを読み取ることで、簡単にファイルを共有できます。

<firestorageの料金>

プランには大きく分けて、会員プランと法人プランの2つがあります。今回は個人利用向けの会員プランを説明していきます。
非会員、無料会員であれば、料金は無料で1ファイルあたりの容量の大きさは2GiBまでとなります。
またライト会員は月額1,037円で1ファイルあたり5GiBまで、正会員となると月額2,085円で1ファイルあたり10GiBまで利用可能となります。
 
Stockのバナー

iCloud Drive

iCloud Driveのトップページ

iPhone・iPadなどのApple製品を利用している人に適しているオンラインストレージは、なんといってもiCloud Driveです。
スマホ・タブレットで使用するイメージが強いですが、パソコンからのアクセスも容易になっています。

<iCloud Driveのポイント>

  1. Appleユーザーの利便性
    写真・ファイルだけでなく、メモについても安全に保存しておくことができるため、Apple製品のユーザーにとっては非常に便利です。
  2. 容量の追加がしやすい
    iCloud Driveは無料で利用できるストレージ容量が5GBあるので、よほどの大容量のデータを取り扱わない限りは安心だといえます。もし、途中で容量が足りなくなってしまった場合も、iCloud Driveなら手軽かつ安価で容量の追加ができる仕組みになっています。

<iCloud Driveを使う上で気を付けておきたい点>

  1. データの保証がされていない
    iCloud Driveのデメリットで理解しておかないといけないのが、この「iCloud上に保存されているデータが保証されない点」です。iCloudのシステム上の故障が発生した場合、iCloud上に保存されているデータが破損や消滅したりしても、iCloudを提供しているAppleの補償はありませんので注意が必要です。

<iCloud Driveの料金>

iCloud Driveには使用可能容量によって4つの料金プランが存在します。
5GBまで使えるプランは無料、50GBまで使用可能なプランが月額130円。さらに200GBまで使えるプランは月額400円で利用可能です。
最も大きい2TBまで利用可能なプランは月額1,300円で利用が可能です。
 
Stockのバナー

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
オンラインストレージには様々なサービスが存在しますが、個人で利用するのか、職場で利用するのかによって大きく用途が変わってきます。
 
ぜひ、今回の記事を参考に、ご自身にあったサービスを検討してみてください。
 
関連記事: 【2020年度版】オンラインストレージのメリットから選ぶポイントまで徹底解説!おすすめ29選を紹介!
 
関連記事: 【最新版】迷ったらコレ!無料のオンラインストレージまとめ
 
関連記事: 【令和最新版】最強のオンラインストレージ比較!厳選5選をご紹介
 
関連記事: 【2021年版】これを選べば間違いない!オンラインストレージおすすめ3選!