ビジネスパーソンであれば、誰でも一度は「ノウハウ」という言葉について、耳にしたことがあるかと思います。
 
ですが、その使い方や正しい意味について、皆さまは理解していらっしゃるでしょうか?
 
今回の記事では、ノウハウという言葉の持つ意味や、間違えやすい類義語との違いについてわかりやすくまとめています。
 
正しい使い方を学び、ノウハウを活用できるようになりましょう。
 
関連記事: ノウハウ共有ツール5選!属人的な知識を社内に広めよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウとは

ノウハウの意味とは

ノウハウとは英語の「know-how」を語源に持つ言葉です。
単語の意味の通り、「know=知る」「how=方法」という2つの単語が組み合わさって出来た熟語です。
 
意味としては、「ものごとにおける方法や手順、順番やコツなどの知識」を指します。
 
ちなみに、英語では、ノウハウ以外に
 
「know-what」=(自分で何をしているのかを理解する)
「know-who」=(相手がどんな人なのかを理解する)
「know-why」=(なぜそうなのか理解している)
 
などといった熟語表現があります。
 
これらの言い回しは国際企業において、5W2Hに匹敵する重要なビジネス用語として重用されていますが、日本ではノウハウほどには浸透していません。

ビジネスにおけるノウハウの意味とは

ビジネスにおける「ノウハウ」は単なる知識ではなく、ビジネスに関連する行為や作業に関する具体的な技術的知識のことを指します。
 
これは「手続き的知識」とも言われており、何らかの作業に対して直接適用可能な具体的な知識や技術のことを意味します。
「直接適用できる知識」なので、例えば抽象的な思想や考え方、心構えなどは基本的にノウハウとは言いません。
 
ビジネスにおけるノウハウにはもう一つ、「製品や開発の技術的な知識」という意味があります。
コンピューターや各種機械の開発や製造における、「特殊な技術や知識」などがそうです。
 
こうした知識や技術は、「企業秘密」とも呼ばれ、知的財産の扱いを受けます。
 
技術的なノウハウのなかでも、発明に該当するものは、特許の出願が出来ます。
特許を取得すれば、他社の実施を禁止する独占権を得ることが出来るので、利用している企業は多くあります。
 
しかし、特許取得にはいくつかの懸念点があります。
一つ目は、特許には審査があるので、すべての出願発明が特許を取得できるわけではないという点。
 
そして二つ目は、特許出願をすることでその発明が公開されてしまうため、他社にその内容を知られてしまうという点です。
 
ノウハウとして、秘密保持体制を維持することが出来れば、その知識は社外への流出を防ぐことができます。

一方で一度でも知的財産が社外に流出してしまえば、自社製品のコピー品が市場に溢れるなどの自体も考えられます。
 
そのため、自社で新しい発明をしたときに、それをノウハウとして秘匿するか、それとも特許を取得し独占権を得るかという選択は、非常に悩ましい問題です。
 
もし、判断に迷う場合は、
 
①侵害品を入手、分析などをしても検出することができない技術情報であるか
②同業他社が容易には制作できないであろう技術情報であるか
 
の二点に当てはめて考えましょう。
 
もし、どちらかに当てはまるのであれば、知的財産である自社のノウハウに当てはまりますから、公開せずに秘匿しておくべきです。

ノウハウコレクターとは

ノウハウコレクターとは、ネットビジネスで使われる用語の一つです。
 
これは、情報商材や書籍を通して多くの知識を持っているものの、思うような収益があがっていない状況を指します。
 
情報を得ることで満足してしまい、実際に行動しないことが原因だとも言われています。
特に、完璧主義の人や、継続力のない人が陥りやすい傾向があります。
 
単なるノウハウコレクターにならないためにも、得たノウハウをきちんと体得し、自身の頭で考え、アウトプットしていくことが大切です。
 
自身の持つノウハウから生み出せる利益を考え、仕入れる情報を絞りましょう。
成功者から客観的なアドバイスをもらう、というのもノウハウコレクターを脱出するためには効果的です。
 
関連記事: 社内ノウハウを共有して業務効率化に繋げよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの類義語とは

要領

要領とは、「物事の要旨」や「要点」「物事に対する方針や目的などの大事な点」を意味する言葉です。
「学習指導要領」などといった言葉が代表的ですね。
 
これにはどの学年でどのようなことを指導するかなどといった具体的な内容が記されています。
また、そこから発展して「物事をうまく処理する方法」という意味で用いられる場合があります。
例えば、「要領がいい」や「要領を得る」などの表現がこれに当たります。
 
類義語として要項や要綱が挙げられますが、「大事なことをまとめたもの」という意味を持つ要項・要綱に対して、要領のみが「物事をうまく処理する方法」という意味を持つ点が異なります。
 
要領はノウハウの類義語ですが、それが「経験による知識なのか」「単なる文章などからの知識なのか」の分類がされず、「大事なことをまとめたもの」だけの意味しか持たない要項・要綱は、ノウハウの類義語とは言い難いでしょう。
 

ハウツー

ハウツーとは英語の「how-to」を語源にもつ言葉です。
 
「いかにすべきか」という意味を持ち、「何らかの作業をする際の方法や手順・やりかた」のことを指します。
 
ハウツーは一般に初心者を助けることを意図しており、専門家が必要とするような詳細な情報などを含みません。
 
ハウツーが初心者向けのやり方である、というのは「何らかのテーマの初心者へのやり方」を纏めた書籍のことをハウツー本と呼ぶことからも分かりますね。
 
ハウツーはノウハウと同じく、方法や手順を表す言葉ですが、二つの言葉の大きな違いは、「それがどこまでの専門性を持つのか」という点にあります。
 
ハウツーは、その場限りのやり方にはなりますが、簡易的で分かりやすく、誰にでもできるやり方です。
 
専門性がない分、ハウツーを使って行ったものは「誰がやっても同じ結果になる」というメリットがあります。
 
一方で、ノウハウは知的財産としての意味合いをもつことからも「専門性の高いやり方」を意味します。
 
ノウハウの専門性については、「ノウハウを他人に共有しても、相手が必ずそれにより成果を上げることができるとは言えない」という点からも分かりますね。
 
ノウハウを他人に共有して結果を出してもらうのは非常に難しいので、「結果を100パーセントの再現性で出したい」という場合には自身のノウハウを使ってハウツーを作りましょう。
 
そういった意味で、ハウツーはノウハウを構成するものの一部であるとも言うことができます。

スキル

スキルとは、技量や手腕を意味する言葉であり、「何らかの物事を行うために必要とされている能力」のことです。
 
ここで言う能力と言うのは、いわゆる先天的な能力ではなく、訓練を通じて身につけた能力全般を指します。
 
日本語では、技能と表現されることもありますが、技能という言葉には「筋肉や神経系統の働きに関する能力」といった意味合いが強いので、この言い換えは適切とは言えません。
 
スキルは、技能で意味するものに加え、知識や態度といった要素もあるので、技能よりも広義だと言えます。
 
スキルはノウハウのように、技術や能力を表す言葉ですが、ノウハウよりもより専門性の高い技術のことを意味します。
 
二つの言葉は、「得たノウハウをさらに実践していくことで、それがテクニックとなり、そのテクニックがスキルになる」という関係性を持ちます。
 
スキルを得る上で、ノウハウは必要不可欠なものなので、ノウハウはスキルを構成する為の一つであるとも言えます。

ナレッジ

ナレッジとは、英語の「knowledge」を語源にもつ言葉で、知識や情報といった意味を持つ言葉です。
 
一般的に使われるナレッジとは、そのままの意味で知識のことです。
例えば新聞や本など、文章化されたものから得られるもの全般が、ナレッジになります。
 
一方でビジネスシーンにおいては、知識といっても「有益性の高い情報」や「付加価値のある経験や体系的な知識」を意味します。
 
ビジネスにおけるナレッジとは、組織にとって有益な情報や付加価値のある経験、知識であり、生産性を向上させたり、有効的な経営手法を取るために必要不可欠な知識です。
 
ナレッジはノウハウと同じく、知識を表す言葉ですが、二つの言葉を「知識」と「知恵」とに分けて考えると、その明確な違いが分かります。
 
ビジネスにおけるナレッジは前述したように、組織や企業にとって有益な知識や情報、また付加価値のある経験のことです。
 
しかし、ナレッジはあくまでも本や人との会話の中などから得られた情報の総称なので、非常に役に立つ情報の集まりではありますが、そのままの状態では意味がありません。
 
ナレッジを使い、経験として自分のものにすることこそが最も重要です。
知識をもとに実践することで、自分なりのコツややり方といった知恵を身に着けることができるでしょう。
 
こうした知恵のことをノウハウと呼びます。
 
ノウハウはナレッジの中に存在しますが、逆にナレッジがあるからといってノウハウがあるとは言えません。
 
しかし、ノウハウを体得する際にはナレッジを頭にいれておくことで、体得までのスピードが上がりますから、二つの言葉はお互いに作用しあう関係だと言えます。
 
関連記事: ノウハウとナレッジって何が違うの?おすすめの簡単に蓄積できるツールも紹介!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの正しい使い方とは

ノウハウの使い方の例

ここでは、よく使う言い回しを参考に、ノウハウという言葉の使い方をご紹介します。
ノウハウを使った表現は、以下のようなものが代表的です。
 
①ノウハウを教える
他人に自身の持つコツや、やり方を教えるという意味
 
②ノウハウを身につける
その物事のコツや、やり方を習得するという意味
 
③ノウハウを蓄積する
その物事のコツや、やり方をたくさん蓄えたという意味
 
④ノウハウを共有する
他人に自身の持つコツや、やり方を教えるという意味
 
⑤ノウハウを生かす
その物事のコツや、やり方を実践したという意味
 
⑥ノウハウを得る
その物事のコツや、やり方を会得したという意味
 
⑦ノウハウを培う
その物事のコツや、やり方を集めるという意味
 
⑧ノウハウを持つ
その物事のコツや、やり方を知っているという意味
 
正しい使い方を学んで、日常生活やビジネスにおいて、生かしていきましょう。
 
関連記事: ノウハウとは何か?正しい意味を知って仕事に活かそう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

身に着けたノウハウをチームで共有するなら

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から14日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

まとめ

いかがでしたしょうか
 
ノウハウの言葉の意味、そして類義語との違いについて理解できましたでしょうか。
 
ノウハウを身に着け、そこからスキルを得ることは、自身の成長にも繋がります。
また、そのスキルを発展させてナレッジとすることで、自分だけでなく会社の成長にも繋がっていきます。
 
今回の記事が、皆さまがノウハウという言葉を、理解するための助けになっておりますと幸いです。
 
 
関連記事: 「ノウハウ」とは?ビジネスにおける意味から類語、使い方までを解説!
 
関連記事: ノウハウとは何か?意味から学んで活用スキルを身に着けよう!