皆さまは「ノウハウ」という言葉をご存じでしょうか。
おそらく、多くの方が「知っている」と答えるかと思います。
 
では、「ノウハウとはどういう意味の言葉か」と聞かれるといかがでしょうか?
 
今回の記事ではそんな、知っているようで意外と知らない「ノウハウ」について、言葉そのものが持つ意味から、活用法までをご紹介したいと思います。
 
関連記事: ノウハウとは何か?正しい意味を知って仕事に活かそう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウとは?

ノウハウの意味とは

ノウハウとは「物事における方法や手順、順番やコツなどの知識」を意味する言葉です。
 
ものごとや動作において、「何を」「どうする」といった一連の知識を、総称してノウハウと呼びます。
 
語源となるのは英語の「know-how」だと言われており、言葉の意味のとおり、
「know=知る」と「how=やり方、方法」というふたつの単語が組み合わさった言葉です。
 
ちなみに、英語では、ノウハウ以外にも
 
「know-what」=「何をしているのか自分で理解している」
「know-why」=「物事の理由を理解している」
「know-who」=「誰がどのような人物なのか理解している」
 
という表現がありますが、日本ではノウハウほど浸透はしていません。

ノウハウの使い方とは?

ノウハウは様々な言い回しで用いることができる言葉です。
そのため、言葉が使われる状況や文脈を見極めることが重要になってきます。
 
例えば、日常会話におけるノウハウは「ものごとの手段や手順、コツ」などに対して使えますが、ビジネスフィールドにいる場合は異なる意味を持つ場合があります。
 
では、次はビジネスにおけるノウハウの意味について見ていきましょう。
 
関連記事: ノウハウの類義語を徹底解説!チームでのノウハウ活用方法もご紹介


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ビジネスにおけるノウハウの意味とは?

手続き的知識

ビジネスにおける、ノウハウの一つ目の意味は「手続き的知識」という意味です。
 
これは、何らかの作業において適用できる、具体的な知識や技術のことを指します。
そのため、例えば抽象的な思想や考え方、心構えなどのことはノウハウとは言いません。
 
ビジネスに関する行為や作業は、業界や企業によっても大きく異なりますが、行為に対して、直接適用できる知識や技術ならば、どれもノウハウと言うことができます。

特許により守られた技術的知識

二つ目の意味は、「工業・産業的に役立つ技術的知識」「特許により守られた技術的知識」という意味です。
 
国際商業会議所は「ノウハウ保護基準条項」の中で、ノウハウを以下のように定義しています。
 
「know-howとは単独で又は結合して、工業目的に役立つある種の技術を完成し、またそれを実際に応用するのに必要な秘密の技術的知識と経験、またそれらの集積」
 
「秘密技術」とは、たとえば、コンピューターや各種機械の開発や製造における、
「特殊な技術や知識」などのことを指します。
 
後述のとおり、手続き的知識としてのノウハウは、積極的に他人に共有するべきですが、こうした知的財産としてのノウハウは、会社における特許技術であることが多いので、共有せずに然るべき手順で守っておく必要があります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの類義語とは?

ノウハウとは、簡単に言うと「技術」や「技能」のことを指す言葉なので、同じく言い換えが出来る類義語も「技術」や「技能」を意味する言葉になります。
 
代表的なもので言うと、ナレッジ・ハウツー・スキルといったものがノウハウの類義語として挙げられます。
 
ここでは、この三つの言葉とノウハウとの違いについて、詳しく見ていきましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウとハウツーの違いとは?

「ハウツー」は、「やり方」や「方法」を意味する言葉です。
ノウハウが持つ意味と極めて近く感じますが、二つの言葉の一番の違いはその深度であると言えます。
 
ハウツーは、一般に「ハウツー本」といわれる言葉があることから分かるように、物事の基本的・基礎的なやり方を表します。
初心者の補助が目的となっている本において、いきなり高度なやり方や、専門的なやり方を紹介する必要がないからです。
 
逆に、世の中にある多数のノウハウ本は、その専門的なやり方故に、自身で実行できるようにするには時間がかかるものや、深い理解が必要となるものが多いです。
 
ハウツーを習得した上で得た経験はノウハウになるので、ハウツーはノウハウに含まれるとも言えます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウとスキルの違いとは?

スキルとは「訓練や経験を通じて得た技術・技能」を意味する言葉です。
 
仕事やスポーツなどにおいて実体験を経たことで、自身が身につけた専門的な能力を指します。
 
ビジネスシーンでもよく耳にする言葉ですが、使われ方としては、ノウハウとは若干異なる言葉です。
なぜなら、スキルはノウハウ以上に深い理解に基づいた知識・技術を表す言葉だからです。
 
前項で、ハウツーをより深い理解度にしたものがノウハウだと述べましたが、スキルはそれよりもさらに深度を深めたものであると言えます。
 


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウとナレッジの違いとは?

ナレッジとは「経営にとって有益で体系的な情報全般」を表す言葉です。
これも、ノウハウが意味する「情報」を意味する言葉なので、一見すると同じ意味に見えます。
 
しかし、ナレッジを「知識」、ノウハウを「知恵」と分けて考えると、二つの言葉の違いがよく分かります。
 
ナレッジは「知識」ですから、自身が体験しなくとも、本などを読むことで増やすことができます。
一方で、ノウハウは「知恵」なので、実践し、経験をすることでしか得ることはできません。
 
前項で触れたように、具体的な知識や技術以外はノウハウであるとは言えないからです。
 
ですが、ノウハウを体得したいというときは、ナレッジを意識するべきです。
なぜなら、ナレッジをベースにして実践することで、あらかじめ得た知識を使うことができるため、ノウハウ体得の際に近道となることが多いからです。
 
二つの言葉の関係性は、ハウツーやスキルのように、深度が異なる言葉ではなく、相互に作用しあう関係の言葉だとも言えます。
 
関連記事: ノウハウとナレッジって何が違うの?おすすめの簡単に蓄積できるツールも紹介!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウは公開するもの?

「自分だけが知っているノウハウ」というのは、とても価値のあるものに見えます。
 
しかし、本記事では、ノウハウを積極的に公開し共有することをおすすめします。
なぜなら、ノウハウを公開することには、様々なメリットがあるからです。
 
例えば、他人にノウハウを教えることで、そのフィードバックを受けられるというメリットがあります。
これにより、自身の持つノウハウをブラッシュアップすることができます。
洗練されたノウハウを身に着けることで、さらに多くのスキルを手にすることができるようになるでしょう。
 
「ノウハウを真似される」と考えるとネガティブなイメージになりますが、他人から聞いたノウハウを実践し、さらに成果を得られる人は多くありません。
 
そのため、ノウハウを公開してしまったがゆえに、自身の評価が下がるということはまずないでしょう。
 
しかし、公開すべきでないノウハウも存在します。
前項で触れたように、知的財産としてのノウハウは、会社における特許技術などのことなので、容易に公開するべきではありません。
 
関連記事: 社内ノウハウを共有して業務効率化に繋げよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウを共有するなら

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始めることができます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から14日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。また、大容量のファイルも引き続きアップロードできます。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

 
関連記事: ノウハウ共有ツール5選!属人的な知識を社内に広めよう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ノウハウという言葉について、理解が深まりましたでしょうか。
 
今回の記事が、少しでも皆さまのノウハウ活用の助けになっておりますと幸いです。
 
 
関連記事: 「ノウハウ」とは?ビジネスにおける意味から類語、使い方までを解説!
 
関連記事: ノウハウとは何か?正しい意味を知って仕事に活かそう!