「Boxは無料で使うことが可能なの?主な特徴は?」
「Boxのダウンロード方法から、基礎的な使い方までを知りたい!」
 
このようなお悩みを持っている方々に向けて、以下の2つをご紹介します。
 
Boxの料金と特徴まとめ
Boxダウンロード方法から、ファイルアップロードなどの使い方の紹介
 
Boxを使用するか考えている人や、これから使い始める人のお役に立てれば幸いです。
 


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

Boxとは?

Boxとは、アメリカのビジネス誌「Fortune」によって発表されている、全米の売上高で上位500社にランクインしている企業の内、69%が使用している「オンラインストレージサービス」です。また導入企業は100,000社を突破しており、世界的にもトップレベルのシェアを誇っています。
 
Boxの主な用途は、PDFやテキストファイル、WordやExcelまで、様々なファイルやデータを保存・共有することです。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

Boxの特徴

Boxには大きく分けて、以下の4つの特徴があります。
 
・セキュリティが強固
・権限を細かく設定できる
・ログ管理が可能
・モバイルアプリとの豊富な連携

セキュリティが強固

社内の重要情報や顧客情報をファイルに保存して管理することが多いため、オンラインストレージツールには高度なセキュリティが求められます。
 
Boxは、高度なセキュリティ制御や二要素認証などの世界最高峰のセキュリティを有しており、今まで一度も重大な情報漏洩を起こしたことがありません。このセキュリティの高さが、世界のトップ企業から厚い信頼を得ている大きな理由となっています。

権限を細かく設定できる

世界のトップ企業から高い支持を得ているもう一つの理由は、ファイルやフォルダのアクセス権限を詳細に設定できることです。
 
ファイルやフォルダのアクセス権限をチームやユーザー単位で付与できることはもちろん、ユーザー毎に編集やリンクの取得などの細かなアクセス制限をかけることができます。

ログ管理が可能

「ファイルに対して、誰がどんな変更を加えたのか」などの操作ログや、アクセスログが保存されます。
 
チームでの共同作業時に、誰がどこまで作業を進めたかなどの「進捗確認」をしたり、誰がどの情報にアクセスをしたのかを把握したりすることができるので、情報漏洩のリスクを低下させすることも可能です。

モバイルアプリとの連携

Boxでは1,000以上のモバイルアプリと連携し、アプリ上からBox内のファイルを操作することができます。SalesforceやSlack、Microsoft officeなどとも連携することが可能です。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

Boxの料金プランと特徴

ここではBoxの各プランの価格と、プランごとの違いを表にして紹介します。
 
 
料金プラン 料金(1ユーザー/月) 容量 特徴
個人向け Individual 無料 10GB ・単一のファイルアップロード:250MBまで
Personal Pro ¥1,200 100GB ・単一のファイルアップロード:5GBまで
法人向け Starter ¥550(月払い) 100GB(1ユーザーあたり) ・単一のファイルアップロード:2GBまで
・細かいアクセス制御・共有権限の設定
・SSLおよび保存データ暗号化
Business ¥1,800(月払い) 上限なし ・Starterプランの全機能
・詳細なレポート生成(ユーザー、セキュリティ)
・Active DirectoryおよびSSO(シングルサインオン)の統合
・データ損失防止(DLP)
Business Plus ¥3,000(月払い) 上限なし ・Businessプランの全機能
・高度な管理とコントロール
・ユーザーアクティビティの完全な追跡
・管理権限の委任
Enterprise ¥4,200(月払い) 上限なし ・Business Plusプランの全機能
・電子透かし
・無制限の統合(DLP、eDiscoveryを含む)

Boxの拡張機能の紹介

Box Drive

「Box Drive」は、Boxに保存されているデータを使用デバイスにミラーリングするツールです。これにより、使用デバイスのファイル操作一覧から、ファイルの変更等が可能になります。また、オフライン対応もできるようになります。
 
「Box Sync」というBox Driveと同じ機能を持ったアプリがありますが、Box Driveの方が新しく、公式ページではBox SyncからBox Driveに移行するよう推奨されています。

Box Platform

「Box Platform」は、他企業のアプリと統合するための「ツール」と「API」を提供しています。

Box Capture

「Box Capture」は、スマートフォンなどのデバイスで撮影した写真やビデオを、Boxに直接アップロードするアプリです。現在では、iOSのみ対応しています。

Box Edit

「Box Edit」は、Boxに保存しているWordなどのファイルをそれぞれのアプリで開き、操作をすることができます。


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

Boxの導入事例

■株式会社資生堂

企業の課題

2015年に日本地域本社として資生堂ジャパンを設立した後、世界進出の拡大や他社との協業、セキュリティの強化、データ管理やコスト削減などが課題にありました。特に、資生堂本社と販売会社間のファイル管理に課題があり、共通の情報共有基盤を検討し、Boxを導入しました。

効果

Boxを導入してから様々な部署で活用され、ファイル管理ツールとしてだけではなく、社内外のコミュニケーションの活発化にも貢献しています。
 
また、Boxはファイルをそのままプレビュー表示したり、直接のファイル編集をすることも可能なため、ペーパレス化や時間短縮にも繋がっています。Boxを導入してから、「情報は個人で保管するものではなく、社内で共有するもの」「情報は自ら発信するもの」といった、社員の意識変革にも大きな影響を及ぼしています。
 

参照:資生堂:Boxの導入でワークスタイル変革とコラボレーションを加速



「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

Boxの使い方

ここでは、Boxを初めて利用する方々に向けて、基本的な使い方として以下の5点を写真付きでご紹介します。
 
・登録、ダウンロード
・ファイルやフォルダの新規作成
・ファイルのアップロード、ダウンロード
・ファイルの共有
・ゴミ箱からファイルを復元

Boxの登録とダウンロード

Boxの公式ホームページから登録を行います。
 
(1)公式ページ右上にある「サインアップ」をクリックします。
(2)プラン選択ページに遷移するので、使用するプランを選択します。(この記事では無料プランを選択しています。)
 
Boxのホームページ
 
Boxの料金ページ
 
(3)氏名とメールアドレス、パスワードを入力したら、登録作業は終了です。
 
Boxの登録ページ
 
Box Driveやその他アプリをダウンロードする場合、下記画像のようにダウンロードしてください。
 
Boxのアプリダウンロードページ

ファイルやフォルダの新規作成

(1)下記画像は、Boxにログインした後のスタートページです。スタートページ右上にある「新規」をクリックし、ファイルかフォルダのいずれかを選択します。
 
Boxのスタートページ
 
(2)フォルダの新規作成の場合、フォルダ名や共有相手などを入力します。ファイルの場合は、自動的にファイルが開きます。
 
Boxのフォルダ新規作成

ファイルのアップロード・ダウンロード

アップロード

(1)ページ右上にある「アップロード」をクリックします。
(2)「ファイル」「フォルダ」の選択画面が表示されるので、アップロードをする方を選択します。するとPCのフォルダ管理画面に遷移するので、アップロードをしたいファイル・フォルダをクリックします。
 
ファイルのアップロード

ダウンロード

(1)ダウンロードしたいファイルを「右クリック」します。
(2)ファイルの操作画面が表示されるので、「ダウンロード」をクリックします。
 
ファイルのダウンロード

ファイルの共有

(1)下記画像のように、共有したいファイルを「右クリック」し、「共有」ボタンをクリックします。
 
ファイルの共有
 
(2)メールでファイルを共有する場合は、メールアドレスを入力。リンクで共有をする場合は、リンクをコピーし、共有相手にチャットなどでリンクを渡します。
 
ファイルの共有設定画面

ゴミ箱からファイルを復元

(1)ページ左側にある「ゴミ箱」をクリックします。
(2)ゴミ箱内にある、復元したいファイルを「右クリック」し、「復元」を押します。
 
ゴミ箱からファイルを復元


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

Boxのデメリット

Boxに限らず、「DirectCloud-BOX」「DATA BOX」などのオンラインストレージツールの多くには以下の課題があります。
 
・ファイルやフォルダを一個ずつ作ることが面倒
・ファイルを1つ1つ開き、ファイルの更新をする時は保存ボタンを押すなど、手間となる作業が多い
・上記の理由から、情報へのアクセス性に優れていない


「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

OneDriveのデメリットを解消するツールのご紹介

今回ご紹介する「Stock」は、情報へのアクセス性に秀でており、必要なデータやファイルに迅速にたどり着くことができます。また、重要な情報が流れることなく残すことが可能な「ノート機能」や、「タスク管理」、「メッセージ機能」なども搭載されています。
 
現在「Stock」は、70,000社への導入実績があるだけでなく、導入先の学習塾では「ITに詳しくない60代」の方が何の説明なしで使いこなせるほどシンプルなツールとなっています。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

20ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。
 




「チャットだと流れていき、ファイル共有だと面倒くさい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、チーム内の情報共有にストレスがなくなります。
https://www.stock-app.info/

まとめ

今回の記事では、「Box」の特徴から基本的な使い方までご紹介しました。
 
■まとめ
・Boxはオンラインストレージサービスであり、有料プランだけでなく、無料プランがある
・一般的なオンラインストレージツールは、アクセス性に優れていない
・ITが苦手な人でも、ファイル管理を容易にできるのは「Stock」
 
ぜひ「Stock」を使ってみてください!