ノウハウは正しく共有すると社員個人の力を底上げし、企業力向上に繋がります。そのため、昨今の企業においてはノウハウ共有をいかに活性化させるかが重要なポイントになってきています。
 
しかし、ノウハウの意味や共有の目的を社員全員が理解していなければ、社員一丸となってノウハウを活かして営業活動を進めていくことはできません。一方、ノウハウの意味や共有の重要性がわからない、共有の方法が浸透せず、歴の浅い社員の成長速度が遅いとお悩みの方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、ビジネスシーンにおけるノウハウの意味から共有におすすめの方法を中心にご紹介します。
 
  • 社内でノウハウの重要性が浸透しないことによる業務負荷の偏りを解決したい
  • ノウハウが散乱することなく適切に共有できるようにしたい
  • そもそもノウハウの意味や理解が浸透していないので解決したい
という担当者の方は今回の記事を参考にすると、ノウハウの意味や使い方を正しく理解し、ノウハウに関する社内の理解も浸透させられるようになります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウとは

ノウハウは利用シーンによって持つ意味合いが異なります。ここではまず、一般的に利用する「ノウハウ」という語の持つ意味を解説します。

一般的なノウハウの意味

一般用語として「ノウハウ」には「物事の方法や手順に関する知識」という意味があります。わかりやすく言うと、物事を行うための「コツ・秘訣・技術・知識」がノウハウとなります。
 
作業のノウハウや営業のノウハウなど分野やエリアを問わずに利用できるため、生活のさまざまな場面で活用される傾向があります。

ノウハウの語源は英語の「know-how」から

ノウハウは英語の”know-how”から由来する、カタカナ語であり、「知る」という意味を持つ”know”と、「方法、やり方」という意味を持つ”how”の、2つの単語を組み合わせた言葉です。
 
直訳すると「方法を知る」という意味ですが、実際には英語でも日本語の意味と同じように、「ものごとのやり方・コツ」という意味で使われています。
 
関連記事: ノウハウとは何か?正しい意味を知って仕事に活かそう!
 
関連記事: ノウハウとは何か?意味から学んで活用スキルを身に着けよう!


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ビジネス用語としてのノウハウ

ビジネス用語としてのノウハウは、一般的な意味とは異なる用途で使用されることがあります。そのため、組織内でノウハウの意味に関する認識が共有されていないと、効果的な活用に繋がらなくなる恐れがあります。
 
認識統一のためにも、ビジネスシーンでのノウハウが持つ意味を確認しておきましょう。

ビジネスにおけるノウハウの意味

ビジネスシーンにおいて、ノウハウは技術に特化した視点を持つ言葉であり「産業・工業における技術的な知識」を意味します。
 
具体的に言えば車やコンピューターなどといった特定の分野の、開発や製造に関する「技術・知識」が総じてノウハウと呼ばれます。

知的財産を意味するノウハウ

ビジネスにおけるノウハウにはもう1つの意味があります。それが、「知的財産」です。
 
ノウハウには技術的な知識という意味があると前項でも触れましたが、こうしたノウハウの取得の結果、「他社より有力になるケース」や「利益を生み出すケース」が出てきたため、次第に知的財産という意味合いが強くなっていったからです。
 
そのため、一部のノウハウには特許が申請されているものや、法的に守られている技術・知識もあります。

ノウハウコレクターとは?

ノウハウコレクターとは、本や情報商材を通じてたくさんの知識を持っているにも関わらず、思うように収益が上がらない状態を指します。折角ノウハウを収集しても、その後の実際の行動が十分に行えなければ「ノウハウコレクター」になってしまいます。
 
これを社内に置き換えると、ノウハウを社員やチーム全体が取得し蓄積しているにも関わらず、共有や実践がされないため結果が出ないというケースに陥るので注意が必要です。
 
ノウハウコレクターにならないためにも、以下のポイントに気をつけて情報を収集を行いましょう。
 
  • 熟考する:そのノウハウを知ることで得られる利益を熟考する
  • 情報を絞る:得る情報を絞って集中し、最後までやり抜く
  • 他社を参考し、PDCAを回す:競合調査を適切に行い、施策を考案・実行・改善する
とくに3つ目のPDCAサイクルを回すことは、企業の成長を促進させるために必須な要素です。熟考や情報を絞るだけに留まらず、適切にPDCAサイクルを回せるように心がけましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの具体的な活用例と例文

ここでは、ノウハウの具体的な活用事例や例文について解説します。

ノウハウの具体な活用事例

ノウハウは蓄積されるだけでは効果を発揮せず、ノウハウを実業務に反映させてはじめて生産性の改善や業務効率化が可能になります。以下ではノウハウの実際の活用事例をご紹介します。
 
  • 企業のマニュアル(業務マニュアル、電話対応マニュアル、チェックリストなど)
  • 自動車の部品を生産する技術
  • コンサルティングの技術
  • 企業の営業テクニック
  • 特許を取得した技術的知識
このようにコツや秘策など、ビジネスにおいて有効的な技術や知識がノウハウには含まれています。そのため、ノウハウをマニュアルのように「共有」されやすい形にすると、歴の浅い社員の教育スピードも上げられるようになります。

ノウハウを使った例文

以下では「ノウハウ」を使った例文を紹介します。例文を参考にノウハウの使い方をマスターしましょう。
 
 
  • ノウハウ本を読んで株式投資について勉強する
  • 先輩に営業のノウハウを伝授してもらった
  • 電気自動車の部品製造のノウハウが特許を取得した
  • マーケティングテクニックのノウハウをまとめて社内で共有した
  • プログラム開発のノウハウは簡単に得られるものではない


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウとナレッジ

「ノウハウ」と間違いやすい単語の1つに「ナレッジ」があります。以下では、「ノウハウ」と「ナレッジ」の違いについて解説します。

ナレッジの意味

「ナレッジ」とは「知識・知恵」を意味する「knowledge」より生まれた言葉です。たとえば本や新聞など文章化された内容から得られる知識を総じてナレッジと言います。
 
一方、ビジネスシーンにおいては「企業に付加価値を生み出す経験や体系的な知識」を意味し、企業活動をするうえで有益な知識や情報、経験そのものです。
 
企業は、ナレッジがあることで生産力の向上や最適な経営手法の選択が行えるようになります。

ノウハウとナレッジの違い

ノウハウとナレッジは同じく「知識や知恵」を意味しますが、以下の2つのポイントに大きな違いがあります。

<技術的知識か蓄積した経験か>

1つ目の違いは、それが技術的知識か蓄積した経験かという点です。
 
ノウハウは特定の「技術的な知識」ですが、ナレッジは「蓄積した知識や経験」です。
 
そのため同じ知識であっても、それが技術に基づいて得る知識なのか、経験に基づいて得る知識かで識別できます。

<経験の有無>

2つ目の違いは、その知識を得るために実際の経験が必要かどうかという点です。
 
ノウハウの習得には、技術や知識を実際に体験して得る必要があります。一方、ナレッジは本を読んだり話を聞いたりするだけでも習得ができます。
 
つまり、実際の経験が必要不可欠なノウハウに対して、ナレッジは実体験はが不要であるということです。判断に迷う際は、その知識を得るのに経験がいるのかどうかを考えましょう。
 
関連記事: 【無料あり】ノウハウや技術の共有に使えるおすすめのツール5選


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの類義語

「ナレッジ」以外にも、ノウハウにはさまざまな類義語があります。今回はその中でもよく混同されがちな「スキル」「ハウツー」「技術・技能」について解説します。

スキル

「スキル」は英語の「skill」をカタカナで表した言葉で、「技能・資格」という意味があります。
 
ビジネスにおいてのスキルは、「特定の訓練などに基づく専門的な能力」を表すことが多いです。スキルを得るためには、特定の訓練や経験をする必要がありますが、ノウハウは普段の業務で得ることができます。
 
そのため、ノウハウが基本的な技術・知識を意味するのに対し、スキルはより専門的な詳しい技術・能力を意味するという違いがあります。

ハウツー

「ハウツー」は英語の”how to”をカタカナで表した言葉です。
 
「物事の基本的、基礎的なやり方・方法」を意味し、特に、「初心者向けのやり方・方法」を表すことが多いです。そのため、ノウハウは中級者向けの知識、ハウツーは初心者向けの知識という使い分けがされます。
 
場合によっては、初心者向けの情報であるにも関わらずノウハウと称されるケースもありますが、専門性があるかどうかが両者の違いだと認識しておきましょう。

技術・技能

技術・技能とは物を作ったり、物事を適切に扱い・処理したりするための特別な技をさします。場合によっては資格として扱われるほか、知的財産として登録されるものもあり、ノウハウと極めて近い言葉です。
 
両者の違いは、その専門性にあります。ノウハウは技術・技能だけでなく、その技術的思想や知識・経験など総合的なものを指します。技術だけでも物の処理や作成は行えますが、ノウハウがあればより高品質のものをより効率的に作成ができるようになります。
 
つまり、「技術・技能」は「ノウハウ」に含まれる要素とも言い換えられます。
 
関連記事: ノウハウの類義語を徹底解説!チームでのノウハウ活用方法もご紹介


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの蓄積・活用がしやすいツールとは?

これまで、ノウハウに関する言葉の意味などをご紹介しました。ノウハウを共有する手法としては、メモやノートといった資料はもちろん、形式的なマニュアルなどが挙げられます。しかし、これらの資料は活用が前提となっているので、必要なときに社員が利用できるような環境が整備されていなければなりません。
 
一方、紙での資料管理やキャビネットに鍵をするなど、アナログな管理を行っている場合は、参照してから行動するまでに時間がかかり効率的な業務遂行ができません。そこで、今日企業のIT化・DX化が推奨されるなか、注目されているのがPCやスマホを用いて情報管理を効率化する情報共有ツールです。
 
情報共有ツールを導入し運用ができれば、生産性が大きく向上するなどのメリットがあります。とはいえ、ITツールに対するリテラシーが社内にない場合は、闇雲にツールを導入してしまうと使いこなすことができず、かえって逆効果となってしまいます。
 
そのため、ノウハウを使った情報共有を効率化したい非IT企業こそ、シンプルな設計で導入したその日から誰でも使える「Stock」のようなツールを用いることが必要です。
 
Stockはノウハウの蓄積・共有に過不足のない機能が備わっており、非IT企業を含む100,000社以上の導入実績を誇ります。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額300〜400円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。




「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ノウハウの意味や概要まとめ

ここまでノウハウについて、ビジネスにおける意味や具体例、類語についてご紹介しました。
 
ノウハウには意味や類義語など多数ありますが、担当者はもちろん社内でこれらの認識を正しく理解しておけば、認識齟齬を防止し、ノウハウの蓄積・活用が促進できます。一方、ノウハウの横展開を進めるには、ノウハウをベースとした資料作成が必要です。
 
しかし、メモやノートなど紙媒体の資料では情報共有スピードも遅く、必要なときにすぐに情報へアクセスできません。ノウハウを有効活用し、スピード感を持って業務を進めていくためにもITツールを利用しましょう。
 
ご紹介したITツールのStockは「ノート機能」で簡単にノウハウを分類して蓄積し、「メッセージ機能」を使って情報を流すことなく共有ができます
 
利用は無料からでき登録も1分で完了するので、ぜひ「Stock」でノウハウを適切に管理し、企業力の向上に繋げていきましょう。
 
関連記事: 社内のノウハウ共有やナレッジベースの活用ができるツール7選
 
関連記事: 社内ノウハウや営業秘密を社員に正しく共有・管理する方法とは?
 
関連記事: ノウハウ蓄積ツールを活用して、ノウハウコレクターを抜け出そう!