社員が個々の能力を発揮して業務に取り組むには、タレントマネジメントが不可欠です。タレントマネジメントに取り組むと、戦略的に人材配置・育成を行い、結果として組織全体のパフォーマンス向上を図れます。
 
しかし、タレントマネジメントの具体的な効果や必要な対応がわからず悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、タレントマネジメントの効果やデメリットをご紹介します。
 
  • タレントマネジメントの効果を把握して社内で共有したい
  • 人事戦略を進めて人材の定着を図りたい
  • タレントマネジメントのデメリットを把握して対策を講じたい
という担当者の方はこの記事を参考にすると、タレントマネジメントを効率的に実施でき、人材の育成にも取り組めます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

タレントマネジメントとは

タレントマネジメントとは、社員個々の能力(タレント)を情報として管理し、人事戦略に生かす人材マネジメント手法を指します。
 
タレントマネジメントは、一部の人材だけでなく、全社員が対象です。そのため、すべての社員個々の能力や経験に関する情報を一元管理し、人材の採用・配置・育成に活用する点が重要です。
 
また、厚生労働省の【我が国企業のタレントマネジメントの導入状況】によると、2012年度から2017年度ではタレントマネジメント導入率が3倍以上増加しており、タレントマネジメントへの関心が年々高まっていることが分かります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

タレントマネジメントの実現によって得られる3つの効果

以下では、タレントマネジメントの実現によって得られる3つの効果について解説します。タレントマネジメントの効果を社員間で共有し、社内浸透を促進させましょう。

(1)最適な人事配置の実現

タレントマネジメントを行うと、最適な人事配置が実現します。
 
可視化された個々の能力や経験に関する情報を踏まえて、人材を効率的に配置できるからです。さらに、適切な人数で業務に取り組めるので、人事採用にかかるコストを削減できます。
 
また、HRproの【2022年度の人事異動の予定と、人材の最適配置に関する調査】によると、アンケートに回答した人事担当者の7割以上が、「従業員の最適な配置を行うために、データに基づいて客観的に異動・配置したい」と考えており、多くの人事担当者がデータ分析を必要としていることが分かります。
 
そこで、タレントマネジメントを実施すれば、蓄積した人事データを活用して最適な人材配置を実現できるのです。

(2)効果的な人材育成の実現

タレントマネジメントを行うと、効果的に人材を育成できます。
 
なぜなら、タレントマネジメントでは、データ化した社員個々のスキルや経験に基づいて、総合的な視点から人材育成を行えるからです。例として、社員のキャリアプランに合わせた研修を実施すれば、キャリア開発につながる人材育成に取り組めます。
 
このように、タレントマネジメントによって育成計画を明確化させると、長期的に人材育成を行って社員の成長を促進できることがポイントです。

(3)社員のエンゲージメントの向上

タレントマネジメントを実施すると、適切な人材の配置・育成が実現するので社員のエンゲージメント(会社への思い入れ)が向上します。
 
タレントマネジメントを行うと、社員は個々の能力が生かせる環境で業務を進められます。その結果、社員のモチベーションを維持してエンゲージメントを高められるのです。
 
社員のエンゲージメントが向上すれば、人材流出を防止できます。たとえば、リンクアンドモチベーションの【「エンゲージメントと企業業績」に関する研究結果】によると、エンゲージメントの向上に伴って「営業利益率」や「労働生産性」も向上しており、エンゲージメントが企業経営に対して高い影響力を持つことが分かります。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

タレントマネジメントのデメリットとは

ここでは、タレントマネジメントのデメリットについて解説します。マネジメントをスムーズに行うには、以下のデメリットを把握して、対策を講じましょう。

開始時にコストが発生する

タレントマネジメントは、開始時にコストが発生します。
 
タレントマネジメントを実行するには、社内の人材情報を管理する仕組みづくりが前提として必要です。具体的には、外部のタレントマネジメントシステムを利用する場合、製品の導入コストがかかります。
 
自社の予算よりもコストがかかれば、タレントマネジメントが始められず中止または延期になる恐れがあります。したがって、開始にかかるコストは事前に見積もっておきましょう。
 
また、タレントマネジメントにシステム導入を検討する際は、他社の導入事例を参考にすることも手法のひとつです。とくに、自社と同じ業種の導入事例を把握すると、社内での運用を具体的にイメージして検討できます。

社員に周知する必要がある

タレントマネジメントを行うには、マネジメントの実施を社員周知する必要があります。
 
タレントマネジメントは、社員の個人情報を活用する大規模な取り組みです。そのため、人事部門だけでなく、全社員に周知して了承を得られなければ進められません。
 
そこで、説明会を実施し、タレントマネジメントを始める背景やメリットを社内に伝達しましょう。また、タレントマネジメントシステムに取り組むなかで、的確な人材配置・育成を徹底して、効果を実感させることもひとつの方法です。

情報を適切に管理する必要がある

タレントマネジメントでは、情報の適切な管理が不可欠です。
 
タレントマネジメントに取り組むには、社員に関する情報を蓄積し、分析する必要があります。しかし、情報を適切に管理しなければ、情報の活用に手間がかかったり、情報漏洩のリスクが発生したりする恐れがあるのです。
 
そこで、情報管理体制を整えておけば、安全な管理下で情報をスムーズに活用しつつ、情報管理を行う担当社員の負担も軽減できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

タレントマネジメントを効率的に進められるツール

以下では、タレントマネジメントを効率的に進められるツールをご紹介します。
 
タレントマネジメントを行うには、社員に関する情報を適切に管理する必要があります。そのため、情報を確実に管理・共有できる仕組みづくりが欠かせません。
 
そこで、高いセキュリティの「情報共有ツール」を使うと、全社員の情報を安全に保護しつつ、リアルタイムで共有できます。ただし、導入するツールが複雑だと、必要な情報へスピーディーにアクセスできず、かえって情報共有に手間がかかってしまいます。
 
したがって、誰でも簡単に使えるシンプルなツールを導入すべきです。結論として、タレントマネジメントを効率的に進めるには、非IT企業における65歳以上のメンバーでも、簡単に使える情報共有ツールの「Stock」一択です。
 
Stockの「ノート」に残した社員の情報は簡単に蓄積できるうえ、直感的な「フォルダ」で整理できます。また、ノートに紐づいた「メッセージ」「タスク」を使うと情報が錯綜しないので、スムーズにマネジメントを進められるのです。

タレントマネジメントにおける情報管理を効率化する「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

タレントマネジメントの効果・デメリットまとめ

これまで、タレントマネジメントの効果・デメリットを中心にご紹介しました。
 
タレントマネジメントに取り組むと、社員個々の能力や経験に関する情報を基に最適な人事配置・育成を行うので、社員のエンゲージメントを向上できます。一方で、タレントマネジメントを始める際には、開始時に必要なコストを把握したり、マネジメントの実施を社内周知したりしなければ取り組みは進められません。
 
さらに、社員の情報を適切に記録・管理する体制づくりが必須です。そこで「誰でもストレスなく使える情報共有ツール」を導入すると、情報を確実に管理できるうえ、社内の情報共有手段として横展開も可能なのです。
 
したがって、誰でも導入即日で活用できるほどシンプルな情報共有ツール「Stock」が最適です。実際に、非IT企業を中心に120,000社以上が情報管理の効率化を実現しています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入し、社員情報を安全に管理しつつ、タレントマネジメントを進めましょう。
 
関連記事: マネジメントとは?マネージャーの業務や必要な能力も解説!
 
関連記事: タレントマネジメントシステムのメリットとは?比較する3つのポイントも解説!
 
関連記事: 企業におけるタレントマネジメントの成功事例とは?失敗する原因も解説!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。