最近「テレワーク」と「リモートワーク」といった言葉に大きな関心が寄せられています。
 
政府の働き方改革や、新型コロナウイルス感染症対策のために制度を導入する企業も増えたため、どちらもよく使うけど違いについてよく分からないという方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回の記事では、テレワークとリモートワークについて意味や違いについて分かりやすく解説したいと思います。
結論としてはほぼ同じ意味を持ちますが、定義の有無や職種によって使い分けがあったりとちょっとした違いがあります。
 
 
Stockのバナー

テレワークとリモートワークについて

テレワークとは

総務省によるとテレワークは以下のように定義されています。
 

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を利用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。
引用:総務省 テレワークの推進

テレワークは、英語のteleworkを語源とし、tele(遠い)+work(仕事をする)の2つを組み合わせた単語で、会社のオフィスと離れて仕事をする意味を持っています。
 
さらに、テレワークには、在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務の3つの働き方があります。

<在宅勤務>

自宅で、パソコンや携帯電話、インターネットを使いメンバーと連絡しながら仕事をすること。

<モバイルワーク>

取引先のオフィスや移動中の駅やカフェで仕事を行こと。

<サテライトオフィス勤務>

勤務先以外のコワーキングスペースやレンタルオフィスなどのオフィスで仕事をすること。
最近は専用サテライトや地方にサテライトを置く会社も増えています。

リモートワークとは

リモートワークに明確な定義はありませんが、ある辞典においては以下のように解説されていました。
 

リモートワークとは、オフィス以外の(自宅などの)遠隔環境で仕事に携わる働き方のことである。
リモートワークの「リモート」(remote)は英語で「遠い」「遠く離れた」「遠隔地にある」といった意味の語である。
引用:IT用語辞典

リモートワークのリモートは英語でremote(遠い)、ワークはwork(仕事をする)という意味で、テレワークとは違い、リモートワークに働く場所の違いはなく、遠隔地で働くこと全般を指します。
 
また、リモートワークという言葉が使われるようになったのは最近であるため、語源や定義も明らかになっていません。
 
関連記事: テレワークの語源と意味は?実際のテレワークの導入状況も解説!
Stockのバナー

テレワークとリモートワークの違いとは?

「テレワーク」と「リモートワーク」の違いとは?細かい違いがあった!

リモートワークもテレワークも「オフィスから離れた場所で仕事をする」という意味で、ほとんど違いがないことが分かります。
しかし、2つにおいて微妙な違いがあることが分かりました。

定義において

テレワークは総務省や日本テレワーク協会によって定義が定められているのに対し、リモートワークは明確な定義が定められていません。
 
テレワークは、「場所や時間を有効に活用する柔軟な働き方」と定義されています。
テレワークもリモートワークも働く「場所」を柔軟に選べることは同じですが、テレワークにおいては「時間」も柔軟に選べると示されています。
 
リモートワークは時間に関して言及はされていないため、テレワークの方が包括的であり、テレワークはリモートワークを含む、「働き方の概念」と言えるでしょう。

職種による使い分け

職種によって、テレワークとリモートワークを使い分ける場合もあります。
 
総務省でテレワークの定義が定められているように、行政機関(総務省・内閣府・経済産業省・厚生労働省・地方自治体)ではテレワークという言葉が、公式文書やウェブサイトにて使われています。
 
対して、リモートワークはエンジニアやデザイナーなど、開発・クリエイティブな仕事を行う人が、インターネットを違いオフィス以外の場所で仕事をする際に使われることが多いです。
 
このような業界では、開発・クリエイティブ系の職種では、1つのシステムを作るために様々なスキルが必要ですが、同じ場にいる必要ではなく、インターネットを使い連絡を取り合いながら仕事を進めることができます。
 
リモートワークという言葉が使われるようになった理由はまだわかっていませんが、この業界ではテレワークより、リモートワークという言葉の方が多く利用されています。
 
関連記事: 在宅勤務とテレワークに違いはある?導入するポイント、メリット・デメリットを解説!
Stockのバナー

テレワーク・リモートワークの歴史と現在

テレワーク・リモートワークが広まった背景

「テレワーク」という言葉自体が生まれたのは、アメリカのロサンゼルスと言われています。
1970年代のロサンゼルスでは、自動車による大気汚染や石油危機が起こったに対処するため、自宅で仕事する働き方が導入されました。
 
日本では、1980年代に、都市に人が集中していることや女性が妊娠や結婚により退職してしまうことを防ぐために企業が都市から離れたところにサテライトオフィスを作り始めたことによってテレワークが導入されました。
 
現在は、政府の「働き方改革」の元、少子高齢化や女性の雇用機会といった問題に対処するために多くの企業で導入され始めています。

テレワークに馴染みがある理由

では、なぜテレワークという言葉の方が馴染みがあるのでしょうか。
 
その理由としては、テレワークの方が前に生まれた言葉、政府の制度にはテレワークが使われているからだと考えられます。
 
日本では国がテレワークを推進するために、テレワークを導入する企業に対して助成金を出しています。
助成金の名前にもテレワークが採用されているため、テレワークの方が身近に感じることが多いのかもしれません。

テレワーク・リモートワークが可能にする働き方

テレワーク・リモートワークによって、オフィスに出社することが当たり前ではなくなり、場所や時間の制約を受けない働き方が可能となりました。
 
それによって、育児や介護、障害を抱えてオフィスに出社するのが難しかった人や、海外人材を雇用することもできるようになっています。
 
時短で働かざるを得なかった人も、出社とテレワーク・リモートワークを使い分けることによってフルタイムで働けるようになったり、テレワーク・リモートワークで副業を行ったりと、キャリアプランを広げることができます。
 
関連記事: テレワークで直面する課題とは?解決のためのツールをご紹介!
 
関連記事: テレワークのやり方とは?導入手順やメリットもあわせて解説!
Stockのバナー

テレワークの導入をスムーズにするツール

ご紹介させてただくStockというツールを使えば、テレワークする上で欠かせないコミュニケーションを非常に簡単にとることが可能となります。
情報共有が容易にできるようになるため、テレワークの導入をスムーズにすることが可能です。
Stockを導入することでテレワークによる新しい働き方を実現することができます。

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

Stockのトップページ

「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。
「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残すことが可能です。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用することで、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散したり混同することなく、常に整理された状態で仕事をすることができます。
 

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても大丈夫。詳しくなくても簡単に始めることができます
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残すことができます
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、また「タスク管理」も直観的に行うことができます

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

40ノートまでは無料で利用することができます。
有料プランにすることで、ノート数が無制限になる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能が利用でき、大容量のファイルもアップロードできるようになります。
有料プランでも1人あたり月額500円程度という非常に手頃な価格で利用することができます。
 
関連記事: テレワークで必須のオススメツール19選!時代に合った働き方を選択しよう!
Stockのバナー

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
テレワークとリモートワークの違いについて、概念の有無と職種による使い分けの点から解説させていただきました。
 
現在は、リモートワークに比べてテレワークの方が多く使われている印象ですが、厳密な違いはないので、時と状況、話す相手によって使い分けたらいいでしょう。
 
 
関連記事: テレワークとは?テレワークについて詳細解説!