リスクを管理して損失の回避・低減を図るリスクマネジメントは、健全な企業経営には不可欠なプロセスです。社会情勢の変化が激しい現代では、リスクマネジメントによる危機管理の重要性が高まっています。
 
しかし、具体的な方法や手順がチームに浸透せず、リスクマネジメントの体制づくりに悩む方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、リスクマネジメントの対応方法やプロセスを中心に解説します。
 
  • 健全な企業経営に求められるリスクマネジメントを社内に浸透させたい
  • 適切な方法でリスクマネジメントを行って、企業の損失を回避したい
  • 具体的な手順を把握して、今すぐリスクマネジメントを実践したい
という方は本記事を参考にすると、リスクの種類や対応方法のタイプを把握したうえで、効果的なリスクマネジメントを実践できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

リスクの種類とは

以下では、リスクの種類について解説します。性質の違いを把握して、リスクごとに適切な対応をとりましょう。

損失しか考慮できないリスク

損失しか考慮できないリスクとは、自然災害などの偶然的事故や人為的ミスによって生じるリスクです。例としては以下の内容が挙げられます。
 
  • 財産の損失
  • 社員の傷害による人的損失
  • 賠償責任
  • 事業の中断による収益減少
リスクマネジメントでは、このような事態の発生を防止して損害を抑制する必要があります。また、損害のみのリスクは統計的に予測できるため、リスクマネジメントがしやすい傾向にあります。

利益と損失を考慮しなけれならないリスク

利益と損失を考慮しなけれならないリスクとは、政治的・経済的要因による経営環境の変化に伴うリスクです。たとえば、以下の内容が挙げられます。
 
  • 規制改正
  • 景気・為替・金利の変動
  • 消費者の嗜好・動向の変化
  • 新商品開発
このように、状況によってはプラスの側面とマイナスの側面があるので、マイナス面に対する対策をリスクごとに検討しなければなりません。また、今日ではグローバル化による政治的・経済的要因からくるリスクもあるため、利益と損失の双方を考慮し、損失を最小限に抑える必要があるのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

リスクマネジメントのタイプとは

ここでは、リスクマネジメントにおける2つのタイプについて解説します。以下2つのマネジメント手法を適切に実施しなければ、誤った経営判断をしたり、想像以上のネガティブな影響が出たりしてしまうので注意が必要です。

リスクコントロール

リスクコントロールとは、損失の発生を防止したり、規模を抑えたりする対応方法です。
 
具体的な手段としては、リスクの回避・低減があります。リスクの発生原因を特定して発生確率や想定被害額を定量化すれば、あらかじめ想定されるリスクの把握・コントロールが可能です。
 
リスクコントロールを行うとリスクの発生を抑制できる一方で、経営判断や事業展開がしづらくなる可能性があります。そのため、丁寧な分析や総合的な経営判断が求められるのです。

リスクファイナンシング

リスクファイナンシングとは、損失を金銭的に補填する対応方法です。
 
具体的な手段としては、リスクの移転・受容があり、金銭的なリスクを定量化して被害に備えます。保険や委託によってリスクを第三者に移転したり、コストに見合った効果が得られない場合にリスクを容認したりする方法が挙げられます。
 
しかし、リスクファイナンシングを行うと経営判断や事業展開が大胆に行える一方で、企業の負担するコストが増大する可能性があるのです。そのため、対応方法を臨機応変に判断しつつ、全体のコストを最小限に抑制する点がポイントです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

リスクマネジメントのプロセスとは

以下では、リスクマネジメントのプロセスについて解説します。リスクマネジメントに関わる担当者やチームは、慎重かつスピーディに、適切な手順に沿ってリスクを対処しなければなりません。

リスクの特定

まずはじめに、想定されるリスクを列挙して特定します。
 
たとえば、リスク管理シートでのリストアップや、ブレーンストーミングの活用が有効です。また、リスク管理部門だけでなく各部門から抽出すれば、網羅的にリスクを把握できます。
 
リスクの特定では、想定されるリスクを全て洗い出す点がポイントです。個人の主観では「問題ない」と考慮されるリスクであっても放置せず、先入観を払拭して抽出する必要があります。

リスクの分析・評価

次に、抽出したリスクの分析・評価をします。
 
分析では、リスクの「発生確率」と「損害の影響度」を算定します。また、分析結果を表にまとめてリスクマップを作成すれば、リスクを体系的に把握できるだけでなく、重要度を可視化できます。
 
そして、リスクを評価して対応の優先順位を定めます。人命や企業の信頼に関わる定量化が困難なリスクについても、慎重に影響度を評価し、リスク同士を相対的に比較する必要があるのです。

対策の実施

リスクの評価が完了したら、具体的な対策を策定・実施します。
 
リスク対応では、成長のための投資が求められる場合もあります。そのため、リスク回避のみに集中するのではなく、利益の最大化を追求して対策を実施しなければなりません。
 
また、リスクマネジメントでは全てのプロセスを通して利害関係者との協働が不可欠です。利益の相反を最小限に抑えるには、担当部署や複数拠点が多くコミュニケーションが困難であっても、「Stock」のような即日で使える情報共有ツールを用いて積極的に情報共有を行い、価値基準を明確にしておく必要があるのです。

対策のモニタリング・改善

対策を実施したら、モニタリングと改善を行います。
 
モニタリングではリスクマネジメントに対する効果や運営状況を評価して、対策の有効性を確認します。リスクの内容や評価は都度変わるので、定期的に改善点を抽出・修正しつつ、より効率的な対策を検討する必要があるのです。
 
さらに、改善点をまとめたガイドラインやマニュアルを作成してチームで共有すれば、効果的な対策を継続して実施できます。このように、対策の標準化によってチームでリスク管理体制を確立させておくと、リスクマネジメントの社内浸透が促進されるのです。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

リスクマネジメントの効率化に最適なツール

以下では、リスクマネジメントの効率化に最適なツールをご紹介します。
 
リスクマネジメントを効率化するには、対策実施後の適切なモニタリングと改善が不可欠です。また、リスクマネジメントのガイドラインを作成・共有すれば、組織として体系的にリスクマネジメントに取り組めます。
 
そこで、「情報共有ツール」を使うと、リスクマネジメントの経緯を蓄積しながら、より効果的な対策の検討が可能です。また、アナログな管理にはない強固なセキュリティによって、リスクマネジメントに関する対応履歴やノウハウを安心して管理できるのです。
 
ただし、誰もが簡単に操作できるツールでなければ、結局放置されてしまい、持続的なリスクマネジメントは実現しません。そのため、非IT企業における65歳以上のメンバーでも、ストレスなく利用できる情報共有ツールの「Stock」を使うべきです。
 
Stockの「ノート」にリスクマネジメントの経緯を簡単にストックしつつリアルタイムで共有され、かつ直感的な「フォルダ」で必要な情報への素早いアクセスが可能です。また、ノートに紐づいた「メッセージ」や「タスク」で対策や検討事項の情報が錯綜せずに業務を進められる点がほかのツールにない特徴です。

シンプルな情報管理でリスクマネジメントに貢献する「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

リスクマネジメントの対応方法やプロセスまとめ

ここまで、リスクマネジメントの対応方法やプロセスを中心に解説しました。
 
リスクマネジメントでは、発生要因によって異なる利益や損失が発生するリスクに対して、臨機応変な対応が求められます。また、「利益の追求」と「リスク回避」の双方を考慮して、総合的に判断する必要があるのです。
 
そして、対策の実施後、モニタリングと改善を行うと同時にリスクマネジメントの経緯を蓄積しておけば、より効果的な対策を検討して損失のリスクを回避できます。そこで、「ITツール」を使えば、リスクマネジメントにおける情報共有が効率化されるだけでなく、リスク回避のパターンもノウハウとして蓄積できるのです。
 
ただし、ITツールは全社員が簡単に使えなければ浸透しないので、ご紹介したStockのように、誰でも簡単にリスクマネジメントにおける情報共有を効率化できるツールが必須です。非IT企業を中心に120,000社以上に導入され、情報管理の効率化を実現しています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」で情報共有を効率化し、リスクマネジメントを全社で促進しましょう。
 
関連記事: リスクヘッジとは?企業が行うべき対策や社員の能力を高める手法も解説!
 
関連記事: 業務効率化とは?進め方やアイデア11選・おすすめツールをご紹介!
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。