ファイル共有にクラウドストレージを利用すると、メールでのファイル共有よりもスピーディかつ確実に共有ができます。また、数あるベンダーがツールをリリースしていますが、そのうちのひとつに「Fileforce」というビジネス用のクラウドストレージサービスが存在します。
 
しかし、クラウドストレージについての知識が少なく、Fileforceがどのようなツールなのかわからない方も多いのではないでしょうか。
 
そこで今回は、Fileforceの機能や料金プラン・評判を中心に解説します。
 
  • 導入前にFileforceとはどのようなツールか知りたい
  • Fileforceを実際に利用しているユーザーの声を参考に、導入可否を見極めたい
  • ファイル共有時のストレスを解消できるツールがあればすぐに使いたい
という方はこの記事を参考にすると、Fileforceについて正しく理解でき、自社にとって最適なツールどうかの検討が行えます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Fileforceとは

Fileforceのトップページ
 
Fileforceとは、ファイルフォース株式会社が提供する企業向けの国産クラウドストレージサービスです。
 
既存のファイルサーバやNASで管理していたデータをクラウド上に移行できるので、導入後のファイル共有の効率化だけでなく、Fileforce導入以前の社内データの管理も行えるのが特徴です。
 
一般的なクラウドストレージと比べてより管理に特化した機能が搭載されており、ファイルやフォルダへのユーザーの操作ログなどが追えるので、情報漏えいのリスクを最小限に留めることが可能です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Fileforceの機能

以下では、Fileforceで利用できる基本的な機能を解説します。Fileforceを業務に導入すると以下の機能を活用可能です。

ファイル共有機能

Fileforceでは、共有リンクURLと共有フォルダ(プロジェクトフォルダ)を利用した2パターンのファイル共有が行えます。
 
メールアドレスさえあれば共有相手がアカウント登録をしていなくても利用できるので「ファイルのみを共有したいか」「フォルダ単位で共有したいか」で使い分けるのがおすすめです。
 
URLで共有する場合は、パスワードやIPアドレスなどの認証の複数組み合わせが行え、共有フォルダ(プロジェクトフォルダ)では各種権限が付与できるため、情報漏えいのリスクが防げます。

データ移行機能

データ移行機能では、既存のファイルサーバーやNAS内にあるデータを、Fileforce上に移行できます。
 
移行先を選択し、ツール上で進捗を確認するだけの2ステップで済むので、仮に担当者に専門知識がなくとも、短時間で移行作業を完了させられます。
 
一般的なクラウドストレージとは異なり、Fileforceではフォルダツリー体系が取られているため、詳細なアクセス権限を自由に組み合わせることで階層に左右されない柔軟なコントロールが可能です。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Fileforceの料金プラン比較表

Fileforceでは、ユーザー数やストレージ量に応じて6つのプランが用意されています。それぞれの特徴をまとめると以下になります。
 
※表は右スクロールできます。
 
Entry Unlimited-1 Unlimited-3 Unlimited-10 Unlimited-30 Enterprise
ユーザー数
10ID~500ID
無制限
無制限
無制限
無制限
10ID~
基本ストレージ容量
ユーザあたり30GB
1TB
3TB
10TB
30TB
必要容量を購入可
月額利用料
900円/1ID
50,000円
90,000円
180,000円
300,000円
要問合せ
おすすめの企業規模
100名未満
100名~300名
300名~500名
500名~1,000名
1,000名以上
要問合せ
最小追加容量
500 GB
追加不可
500GB
1TB
1TB
1TB
 
いずれのプランも初期費用はかからないので、目的や規模に応じて適切なプランを選択しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Fileforceの口コミ・評判

以下では、Fileforceを実際に利用しているユーザーからの口コミ・評判をご紹介します。
利用者の声を聞くことで、自社での導入時のイメージを掴みましょう。
 
※こちらでご紹介する口コミ・評判はSaaSLOGより引用しております。

Fileforceの良い口コミ・評判

まずは、Fileforceに関する良い口コミ・評判をご紹介します。
 
実際に利用しているユーザーからは、ファイル共有の効率化や検索性の高さに対する評価の声が多く挙がっています。
 
業種:小売 企業規模:1001人以上
 
ドライブ版もあり、エクスプローラーでドライブ内でのファイル更新等ができる。いちいちアップロードやダウンロードをしなくてもいい点が助かる。外部共有もできるため、メールでデータのやり取りを直接行わなくてもよいのも便利。
業種:小売 企業規模:51〜100人
 
メールでは添付できないような大きめのファイルまで簡単に共有できるのが便利でした。動画やパワポデータまで共有できるので、プレゼンデータなどがスムーズに更新及び全体化できるようになりました。
業種:IT 企業規模:251〜500人
 
ファイル数が増加していく中でも、ファイル名に入っている単語を入力するなどの簡単な検索方法で、探しているファイルを短時間で見つけられます。重要なファイルが大量のファイルの中に埋もれてしまい、探し出すのに余計な労力を使ってしまっている会社におすすめです。

Fileforceの改善点に関する口コミ・評判

良い口コミ・評判がある一方、改善点に関する声も存在します。
 
実際に利用しているユーザーからは、アップロードエラーの頻出や管理の手間に対する改善要望が多く寄せられています。
 
業種:IT 企業規模:251〜500人
 
ファイルをアップロードする際などに暗号化も自動で行うことができたのですが、グラフなどが入っていて容量が大きいファイルをアップロードした際に、暗号化が完了するまでに15分ほど時間がかかってしまいました。ファイルを使いたい社員たちがなかなかアクセスできなくなってしまい、不便さを感じました。
業種:小売 企業規模:51〜100人
 
データをアップデートするときに、あまりにも待機時間が発生するように感じました。また、頻繁にエラーの表示が出て1回でスムーズにアップデートができず、何度も繰り返す手間がたまに起こることが不便でした。
業種:小売 企業規模:251〜500人
 
社内で共有できるようにするために、プロジェクトフォルダの権限等の設定やユーザーの作成、異動に合わせて権限の付け替え等、やらなければならない仕事がかなり増えた。オーナー等の設定をせずに全ての管理をシステム化しているが、PCが苦手な人が多いため、周知に時間がかかった。使用方法に関する社内からの問い合わせも増えて、導入後の軌道に乗せるまでに手間がかかった。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Fileforceを利用する際の注意点

注意点としては口コミでも散見されるように、Fileforceではアップロードエラーが出やすいことがわかります。
 
通信環境などユーザーの利用状況などが要素になるとはいえ、複数ユーザーからの報告がある以上エラーの頻度は高いことが想定されます。
 
とくに、業務においてファイル共有の頻度が高い企業の場合は、かえって利用時のストレスに繋がる恐れもあるので、動作の軽快なほかのツールとも総合的に検討しましょう。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

ファイル共有ツールのデメリットをカバーするおすすめのツール

以下では、Fileforceをはじめとしたファイル共有ツールのデメリットをカバーするおすすめのツールをご紹介します。
 
Fileforceに関わらず、ファイル共有ツールはファイルの一元管理に貢献する一方、ファイルがツール内に散乱するデメリットもあります。そのため、どのファイルが最新かわからなくなりやすく、逐一開封して本当に最新かどうかをファイルの中身を確認する工数が発生しがちです。
 
このように、本来発生しない作業時の無駄を省くには、ファイルを直感的に整理しながら管理ができつつ、ITリテラシーのばらつきがある社内でもスムーズに浸透するシンプルなツールが求められるのです。
 
たとえば、今回ご紹介する「Stock」のように、非IT企業の65歳以上のメンバーでも扱えるほどシンプル、かつファイル共有・管理のストレスを解消するツール一択です。
 
Stockの「ノート」に直接ファイルを添付するだけでファイル共有ができるうえ、PCよりも直感的な「フォルダ」で管理のストレスを与えません。また、ノートに「メッセージ」が紐づいているので、ファイル共有に関するやりとりが錯綜しないのも大きな特徴です。

ファイル共有・管理のストレスを最も簡単に解消できる「Stock」

Stockのトップページ
 
「Stock」|チームの情報を最も簡単に残せるツール

https://www.stock-app.info/

Stockは、チームの情報を最も簡単に残せるツールです。「チャットツールだと情報が流れていき、ファイル共有だと面倒」という問題を解消します。
 
Stockを使えば、「ノート機能」を利用して、要件などのテキスト情報や、画像やファイルなどのあらゆる情報を誰でも簡単に残せます。
 
また、「タスク」や「メッセージ」の機能を利用すると、ノートに記載したテーマごとにコミュニケーションを取ることができるため、あちこちに情報が分散せず、常に整理された状態で業務を遂行できます。

<Stockをおすすめするポイント>

  1. ITに詳しくないチーム向けのツール
    ITの専門知識がなくても問題なく、簡単に始められます。
  2. とにかくシンプルで、誰でも使える
    余計な機能は一切なくシンプルなツールなので、誰でも簡単に情報を残せます。
  3. 驚くほど簡単に「情報ストック」と「タスク管理」ができる
    社内の共有情報等の「情報ストック」が驚くほどしやすく、さらに直感的な「タスク管理」も可能です。

<Stockの口コミ・評判>

池本健太郎さん画像
池本 健太郎さん
きずな綜合会計事務所
「会計事務所内の『情報ストック』と『タスク管理』が、すべてStock上で完結しています」
★★★★★ 5.0

少なくとも会計事務所であれば、どこの事務所であっても大幅に業務効率を改善できると思います。しかし会計事務所に限らず、フォルダ階層形式でサクサクと情報共有したり、または簡単にタスク管理したいチームであれば、どこにも強くオススメできます。

塩出祐貴さん画像
塩出 祐貴さん
松山ヤクルト販売株式会社
「強烈な『ITアレルギー』があるチームでも、Stockならば、一切混乱なく導入できました」
★★★★★ 5.0

弊社の宅配部門のスタッフの半分近くは50代以上と高齢で、キーボード入力が苦手なスタッフもいるほど、ITツールへの強い抵抗感がありました。しかし、Stockは他ツールに比べて圧倒的にシンプルで、直感的に使えるため、予想通り非常にスムーズに使い始めることができました。

西尾太初さん画像
西尾 太初さん
株式会社ハピネス
「LINEだと情報が流れていってしまう問題が、一気に解消されました!」
★★★★★ 5.0

従来使っていた『LINE』だと、情報が流れていってしまうので、後から過去の『営業の打ち合わせ記録』を振り返ることはできませんでした。しかし、Stock(ストック)を導入した後は、すべての『営業の打ち合わせ記録』が『ノート単位』で整然と管理されており、過去の営業記録にも即座にアクセスできます。過去に『いつ・誰と・何を』話したかが明確に分かるようになったので、2回目、3回目の営業戦略を立てられるようになりました。

<Stockの料金>

Stockの料金プランページ

https://www.stock-app.info/pricing.html

登録から30日間は、全ての機能を無料で試すことができます。
また、トライアル期間終了後も、累計20ノートまでは永年無料で利用できます。
無料トライアル終了後に有料プランに申し込むことで、そのままノートを制限なく作成できる他、「誤削除防止機能」や「編集履歴機能」などのビジネスに必須の機能も継続して利用できます。そして、大容量のファイルも引き続きアップロード可能です。
有料プランでも1人あたり月額500円程度からという非常に手頃な価格で利用できます。


「どのツールも複雑で難しい---」
チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」

これ以上なくシンプルなツールで、誰でも簡単に使い始められます。
https://www.stock-app.info/

Fileforceの使い方や料金プラン・評判のまとめ

ここまで、Fileforceの使い方や料金プラン・評判を解説しました。
 
Fileforceはデータの一元化に貢献し大容量ファイルの共有を効率化する一方で、操作には一定のITリテラシーが必要不可欠であり、ツール教育の時間を別途設けなくてはなりません。しかし、とくに、複数業務を兼任するケースの多い中小企業において、教育コストに時間がかかってしまうことは避ける必要があります。
 
したがって、自社のITリテラシーに懸念があり、教育時間が十分に確保できない場合は、誰でも直感的に使いこなせる簡単な情報管理ツールを導入しましょう。
 
たとえば、今回ご紹介したStockは、ファイル共有・管理のストレスを解消する。ITに不慣れな人でも説明不要で使える情報共有ツールです。非IT企業を中心に120,000社以上の企業に導入され、ファイル共有をはじめとする情報共有の円滑化に貢献しています。
 
無料登録は1分で完了するので、ぜひ「Stock」を導入して自社のファイル共有を効率化しましょう。
代表取締役社長 澤村大輔
この記事の監修者
株式会社Stock
代表取締役社長 澤村大輔

1986年生まれ。早稲田大学法学部卒。
新卒で、野村総合研究所(NRI)に、経営コンサルタントとして入社。
その後、株式会社リンクライブ(現:株式会社Stock)を設立。代表取締役に就任。
2018年、「世界中の『非IT企業』から、情報共有のストレスを取り除く」ことをミッションに、チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock」を正式ローンチ。
2020年、ベンチャーキャピタル(VC)から、総額1億円の資金調達を実施。
2021年、東洋経済「すごいベンチャー100」に選出。