Browse Category by ユーザーインタビュー
ユーザーインタビュー

【事例紹介】「学生主導のアクティブラーニングには、Stock(ストック)を強くお勧めします」

 

学生主導での「アクティブラーニング」の作業内容を、効率的にストックする場所がなくて困っていた、國學院大學野村ゼミ様。

 

Stock(ストック)導入の効果を、同校経済学部の野村一夫教授にお伺いしました。

 

 

ー野村ゼミは、どのようなゼミなのでしょうか?

 

野村教授:「國學院大學の経済学部のゼミで、37人の学部生が在籍しています。

現在大学教育の世界は、従来の「Teaching(先生が主体で教える)」から「Learning(学生が主体で学ぶ)」へと大きな転換のタイミングを迎えています。

座学の勉強だけではなく、自分の力で主体的に動ける学生を育成しようとする動きです。

野村ゼミではまさに、自分の力でクリエイティブなアウトプットを生み出す人材を育成するため、学生主導の『アクティブラーニング』を重要視した指導を行っています。」

 

 

ー「アクティブラーニング」とは、具体的にどのようなことをするのでしょうか?

 

野村教授:「野村ゼミでは、学生を何人かのチームに分け、通年で様々な『プロジェクト』を立ち上げています。

例えば、野村ゼミでは年間10冊近い本を出版するというプロジェクトがあります。また、その他にも通販サイトを運営したり、雑誌とWebを連動したメディアを構築・運営もします。

とにかくアウトプットを生み出していくことが重要で、それに紐づくジェネラルスキル(調査・分析・表現する能力)を逆算して主体的に身に付けていくという発想です。」

 

 

ーそのような中、Stock(ストック)がなぜ導入されたのですか?

 

野村教授:「私たちが困っていたのは、野村ゼミが重要視しているアウトプットの作業内容を、系統的に整理する場所がなかったという点です。

『チャットツール』を使っていると、情報はことごとく流れて行ってしまうので、アウトプットの作業内容を系統的に整理することはできません。

また『ファイル共有ツール』の場合だと、使うのがどうにも面倒で…..

 

>>インタビューの続きはこちら

 

 

ご質問やご要望がありましたら、いつでもサポートデスクまでご連絡ください。

引き続き、ご要望頂いている声を元に、機能を順次アップデートしていきます!

 

 

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock(ストック)」

 

<サービスページ>

https://www.stock-app.info/

 

<サポートデスク>

support@stock-app.jp
(遅くとも1営業日以内にはご返信します)

 

 

 

ユーザーインタビュー

【事例紹介】「複数テーマが同時並行で動く仕事には、間違いなくStockをオススメします」

 

大量の情報が次から次へと流れて行く『チャットツール』での仕事に限界を感じていた、株式会社ニューズベース様。

 

Stock(ストック)導入の効果を、同社執行役員マーケティング部ゼネラルマネージャーの田邊幸大様に伺いました。

 

 

ー事業内容を教えて頂けますか?

 

田邊様:「企業様が主催するイベントの、企画・実行支援をしています。現在全社で30名のメンバーがおり、私が所管しているのは主にマーケティング領域になります。」

 

 

ーStock(ストック)を導入したきっかけは?

 

田邊様:「少し前、2週間強の在宅勤務をしたのですが、その際にチャットツールで業務を回すことの困難さが特に顕著になったためです。

チャットツールだと、すべてのやり取りがことごとく流れて行ってしまいますし、色々な話題が錯そうしてしまい、2週間強の在宅勤務中は業務が全く回りませんでした。

 

 

ーなぜ在宅勤務中に、チャットツールの問題点が顕著になったのでしょうか?

 

田邊様:「全メンバーがパソコンの前に常に張り付ける状態であれば、情報をリアルタイムで追い続けられるので、チャットツールでも業務が回るのかもしれません。
しかし在宅勤務中は、必ずしもずっとパソコンの前に張り付いていられる訳ではありません…..

 

>>インタビューの続きはこちら

 

 

ご質問やご要望がありましたら、いつでもサポートデスクまでご連絡ください。

引き続き、ご要望頂いている声を元に、機能を順次アップデートしていきます!

 

 

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock(ストック)」

 

<サービスページ>

https://www.stock-app.info/

 

<サポートデスク>

support@stock-app.jp
(遅くとも1営業日以内にはご返信します)

 

 

 

ユーザーインタビュー

【事例紹介】「驚くほどシンプルで、これ以上なく使い易いツールです」

 

チャットツールでの情報共有に限界を感じていた、メディカルローグ株式会社様。

 

Stock(ストック)導入の効果を、同社メディカルクリエーション事業マネージャーの下澤一麻様に伺いしました。

 

 

ー事業内容を教えて頂けますか?

 

下澤様:「医療機関に対して、ITソリューションの提供や、医療現場の課題解決およびプロモーションサポートを提供しています。社員6名・外部委託の方3名の、合計9名チームでサービス展開しております。」

 

 

ーStock導入のきっかけは?

 

下澤様:「従来はチャットツールを中心に業務を回していましたが、必要な情報がことごとく全て流れて行ってしまっていました。そんな時Stockのことを知り試してみたところ、非常にシンプルで使い易かったので即導入を決定しました。」

 

 

ー最初から迷うことなく使いこなせましたか?

 

下澤様:「はい、本当にびっくりするくらい、誰も迷うことなく使いこなしていました(笑)

 

私からはStock(ストック)の使い方について何も説明していないのですが、メンバー全員すぐに使いこなしていましたね。

以前、他ツールを試してみた際どうにも複雑で困り果てた経験があっただけに、Stockのシンプルさにはとにかく…….

 

>>インタビューの続きはこちら

 

 

ご質問やご要望がありましたら、いつでもサポートデスクまでご連絡ください。

引き続き、ご要望頂いている声を元に、機能を順次アップデートしていきます!

 

 

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock(ストック)」

 

<サービスページ>

https://www.stock-app.info/

 

<サポートデスク>

support@stock-app.jp
(遅くとも1営業日以内にはご返信します)

 

 

 

ユーザーインタビュー

【事例紹介】「クライアント様の”深い定性情報”を、チーム内で共有できるようになりました」

 

事業拡大に伴い、従来のスプレッドシートの情報管理に限界を感じていた、税理士法人ユニヴィス様。

 

Stock(ストック)導入の効果を、同社代表社員の森様に伺いました。

 

 

ー事業内容を教えて頂けますか?

 

森様:「私どもは税理士事務所で、税務や会計に関するサービスをご提供しています。

40~50社のクライアント様がおり、10月時点でメンバーは7名になります。」

 

 

ーStock(ストック)導入のきっかけは?

 

森様:「従来、スプレッドシートを用いて様々な情報管理をしていましたが、事業が拡大してくると共に、段々とスプレッドシートの管理では無理が出てきました。」

 

 

ースプレッドシートの管理で、無理が出てきた点とは?

 

森様:「まずそもそもスプレッドシートはアクセス性が悪いです。クライアント様の数だけのファイルをいちいち開いて確認するには、あまりにも煩雑すぎます。

その点、Stock(ストック)はとにかくサクサクとアクセスできるので、この苦痛が一切なくなりました。」

 

森様:「また、スプレッドシートでは、1つ1つのセルが小さくて十分な情報量を記載できません。 他にも、セルが小さいため、常に最新情報しか記載できず、過去の情報を時系列で追えないという問題があります。

しかし、Stock(ストック)を導入したことで、すべての情報をしっかりと残し、各クライアント様とのやり取りを時系列で全て追うことができる…….

 

 

>>インタビューの続きはこちら

 

 

ご質問やご要望がありましたら、いつでもサポートデスクまでご連絡ください。

引き続き、ご要望頂いている声を元に、機能を順次アップデートしていきます!

 

 

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock(ストック)」

 

<サービスページ>

https://www.stock-app.info/

 

<サポートデスク>

support@stock-app.jp
(遅くとも1営業日以内にはご返信します)

 

 

 

ユーザーインタビュー

【事例紹介】「チャットツールで感じていた”情報が流れていく”問題が、完全に解消しました」

 

チャットツールでのやり取りだと、”情報が流れていってしまう”ことに悩みを感じていた、カラクリ株式会社様。

 

Stock(ストック)導入の効果を、同社取締役CMO&CCO(Chief Customer Officer)の鈴木様に伺いました。

 

 

ー事業内容を教えて頂けますか?

 

鈴木様:「自動応答のチャットボットツール『Karakuri』を開発しています。ECサイト等で、チャットサポートしてくれるサイトを見たことがあると思いますが、『Karakuri』ならばユーザーとのやり取りをAIがすべて自動応答してくれます。」

 

 

ーなぜStock(ストック)を導入したのですか?

 

鈴木様:「従来、基本的にはチャットツールのみで情報のやり取りしていました。しかし、チャットツールは手軽である一方、共有した情報が”すべて流れていく”という問題点がありました。後から振り返ろうとしても、過去のやり取りを上手く見ることができず、大きなストレスがありました。」

 

 

ー例えば、どのような情報が流れていって困っていましたか?

 

鈴木様:「本当にどうでも良い会話以外は、実はどのやり取りも後から見直す可能性があります。

『商談メモ』『社内での決定事項』『参考情報』などはストックする必要がある………

 

 

>>インタビューの続きはこちら

 

 

ご質問やご要望がありましたら、いつでもサポートデスクまでご連絡ください。

引き続き、ご要望頂いている声を元に、機能を順次アップデートしていきます!

 

 

チームの情報を最も簡単に残せるツール「Stock(ストック)」

 

<サービスページ>

https://www.stock-app.info/

 

<サポートデスク>

support@stock-app.jp
(遅くとも1営業日以内にはご返信します)